アスカカンパニーの環境に対する考え方

  1. HOME >
  2. 企業情報 >

アスカカンパニーの環境に対する考え方

サステナブルな社会のためにアスカカンパニーが出来ること

プラスチックゴミの問題により『脱プラスチック』が世界的な課題として取り組まれるようになりました。
アスカカンパニーはプラスチック成形会社としての義務と責任により、持続的な社会実現のための取り組みを進めています。

アスカカンパニーの環境ポリシー

環境省の国の方針(プラスチック資源循環戦略)を元に、今後達成していく方針と具体的な取り組み内容を設定しています。
環境対応に向けたチーム『環境チーム』を立ち上げ、対応を進めています。

環境ポリシー・環境製品開発実装の全体像

環境に対する考え方

アスカカンパニーの環境対応項目

チーム発足について『アスカカンパニーの環境配慮への考え方ブログ』

環境に対する考え方カタログダウンロード

1. モノマテリアル化への対応力強化

国の方針 2025年までに

リユース・リサイクル可能なデザインに

アスカカンパニーの方針

モノマテリアル化の対応力強化

取組詳細

スパウトパウチ向けモノマテリアル化の提案
・PETスパウト/バリアスパウト

PETスパウトの開発
(スパウト部・フィルム部共にPET樹脂)

2. 社内加工ロスのアップサイクル推進

国の方針 2035年までに

使用済みプラスチックを100%リユース・リサイクル等により有効利用

アスカカンパニーの方針

社内加工ロスのアップサイクル実現

取組詳細

プレコンシューマ材100%製品の社会実装

アップサイクルとは廃棄予定のものに手を加えて付加価値を与えて新しい製品へと生まれ変わらせること

社内製造工程のロスより抽出した原料(プレコンシューマ材)を100%使用した製品の社会実装

3. バイオマスプラスチック利用の促進

国の方針 2030年までに

バイオマスプラスチックを約200トン導入

アスカカンパニーの方針

最適なバイオマスプラスチックの提案

取組詳細

・マスバランス材(PE/PP)採用製品の拡大
・生分解性プラ等

<関連記事>

マスバランス方式への適応
『ISCCPlus認証の取得』

ISCC PLUS認証とマスバランス方式について

糖(植物由来)のバイオマスプラスチック

4. 製品1個あたりのプラスチック使用量の削減

国の方針 2030年までに

1wayプラスチックを累積25%排出抑制

アスカカンパニーの方針

製品1個あたりのプラスチック使用量削減

取組詳細

・スパウトパウチ容器の活用用途提案
・自社製スパウト25%軽量化
・軽量化提案の実施

<関連記事>

 アスカカンパニー独自の取り組み

アスカカンパニー独自の手段で『廃棄物を減らす』取り組みを行っています

環境に対する考え方カタログダウンロード