設計・開発力

プラスチック製品の開発パフォーマンスはアスカカンパニーの組織力と固有技術が源です。

設計が強い

取り組みの意識

QCD、品質・納期・コストにおいて、お客様のニーズにお応えするため「設計は顧客満足の源流」という強い意識で設計を行います。

設計は、個人が持つ固有技術に依存しがちになるため、組織力としての設計へとさらに上の領域へ押し上げています。
例えば、デザインレビュー(設計審査)のチェックポイントではなく、「設計検討会」という場を設けています。ここでは設計担当者だけではなく、モノ作りに関わるメンバーが参加し過去の事例やベンチマークになるターゲットの解析など、さまざまな角度で設計について議論や意見交換を行いその内容を設計へ反映します。
金型構造もシミュレーションの対象です。製品の流動解析はもちろん、お客様が見られることはないランナーも良い製品を作り出すための基礎になる部分です。製品設計にととどまらずランナーデザインにもこだわります。

アスカの対応範囲

プラスチック製品のデザインから製品に要求される機構・機能の開発及び形状設計を行います。<デザイン化>アイデアを含めた開発設計も行います。

設計には多くのアイデアや発明が組み込まれることがあります。したがって特許・意匠・実用新案など知的財産権と直接関わるために、知財調査との連携では調査の切り口や調査のタイミングなど絶妙なコンビネーションで連携します。

3Dプリンターの活用

目的に応じ様々なタイプの3Dプリンターを保有及び活用することで、多彩な事前確認の方法を駆使して製品化のステップで販売成功を確実化していきます。
3Dプリンターで出力された造形物は、試作やモデルという価値だけでなく、そのものが小ロット商品の位置づけで製品として販売に至る事例もあります。

 

 

 

 

プラスチックの精密切削加工

アスカカンパニーの精密切削加工とは

形状・素材・量・質など色々なご要望背景からインジェクション成形が不向きな事象がございます。
そんな場面では様々なプラスチック素材を精密切削加工することでお応えいたします。
急速な進化発展を遂げている3Dプリンターなどの立体造形システムが存在し、弊社でも導入活用しています。
しかし3Dプリンターと精密切削の世界はまだまだ趣を異にしているのが現実です。

例えば、工場ライン用フッ素樹脂部品、数量1個
例えば、POM材による試作プロトタイプのための部品製作
例えば、数量拡大時に射出成形へ移行予定部品の製作
例えば、超精密加工部品をさまざまな素材で試してみたい

などプラスチックの精密切削加工の世界はますます広がります。

サンプル例

樹脂
PTFE(ポリテトラフルオロエチレン,polytetrafluoroethylene :フッ素樹脂)
PPS (ポリフェニレンスルファイド,Polyphenylenesulfide:ピーピーエス樹脂)
POM (ポリオキシメチレン,polyoxymethylene:ポリアセタール樹脂)
ナイロン6・66 (ポリアミド,polyamide:ナイロンは商品名)

製品設計について

お客様が開発された製品設計の精密切削加工に加え、射出成形で培った設計力から、設計から受託することも可能です。

 

流動解析

射出成形では樹脂の流れで色々な出来事が起こります。
ソリやヒケでは外観不良、ウェルドラインの位置により強度低下など、これらの問題点をあらかじめ予見することが出来れば、要求品質を満足させる製品開発スピードを大きく短縮することができます。

時間が短くなることはコストダウンにも貢献します。 モデリングは進化し、すがたカタチをリアルにすることは身近になりました。

射出成形において安定した品質・生産性を向上させるには製品設計や金型が重要な要素です。 もちろんノウハウや経験も大切ですが、設計・開発段階で樹脂流動解析ソフトを活用することにより、 予測される不具合を未然に防ぐための一つの手段となり、試作回数の削減や薄肉化の検討などにも活用できます。
アスカカンパニーでは樹脂流動解析ソフトとして オートデスク社のMoldFlow ADVISER (モールドフローアドバイザー)を導入しています。
【解析内容】

〇Dual-Domain解析(薄肉製品)
〇完全3D解析(厚肉製品)
●充填解析
・射出圧力
・エアートラップ
・ウェルドライン
●ゲート位置解析
●モールディングウィンドウ(成形条件)解析
●ヒケ解析
●設計アドバイザー解析(製品形状評価)
●冷却品質解析
●ランナーバランス解析
●ランナーサイズ最適化解析
●冷却解析
●保圧解析
●反り解析

>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG