機器システム事業


一軸強度試験機 Z-Gauge(ジーゲージ)

キャップの嵌合強度、フィルム剥離強度、素材引張り強度、素材破壊強度、耐久強度などの強度測定に最適な装置です。昇降台に見えますが、パソコンを使ったプログラムで、繰り返しの強度試験や破壊に至るまでのプロセス試験もこなします。

・押し引きの力を、最大値はもちろん立ち上がりから評価終了まで「力」の経時変化を記録します。
・移動位置、移動速度など設定する事で繰り返しの測定が可能です。
・例えば100,000回繰り返し測定で、耐久試験としても評価が可能です。

概要

Z-Gaugeは卓上で使用する、小型で軽量な一軸強度試験機です。
今まで上手く評価ができなかった「力」の数値化をZ-Gaugeは解決します。

高精度な位置決め精度、幅広い移動速度指定で研究開発時などの「力」を見える化いたします。

ZーGaugeは、アスカカンパニーが開発したプログラムを搭載しているため、用途によって当社にてプログラムをカスタマイズいたします。また、固定治具もオリジナルのものをご提案させていただきますので、誰でも簡単に操作できるような測定器を導入していただけます。また、素早い動きの制御と細かな測定が可能です。

安定した評価

人による測定誤差は生じません。使いやすいゲームパッドのボタン一つで測定が可能です。

測定方法、固定治具の提案

お客様の測定要望に合わせて測定方法から評価に必要な固定治具も合わせてご提案いたします。

充実した解析ソフト

荷重リミッター機能、タイマーセット、繰り返し設定など充実したソフトウェアです。

今お困りのこんなことが解消されます!

ASKA
・検査員がフォースゲージを使用して測定しているが人により測定値がばらつく。
・繰り返しの加圧試験など検査員の測定工数がかかりすぎる。
・現在の評価方法で、方法や測定値は間違ってないだろうか?

 

特徴/機能

さまざまな測定評価に合わせて固定治具から測定方法までご提案させていただきます。

ピンポイントの結果を数値でとらえることが可能
例えばペン軸とキャップのアンダーカットを乗り越えて嵌合した際の「力」を最大値はもちろん、一つ手前の力の山を測定することができます。
最大値手間の応力がキャップを閉める際の官能に関わります。
簡単なプログラムと使いやすいインターフェイスで精度の高い測定が可能
測定プログラムの設定も簡単で、操作画面もユーザーフレンドリーとなっており、より精度の高い測定を可能としています。
Z-Gaugeの3大構成

①測定スピード/移動距離/移動制御については、メカシリンダーが中心に役割を担います。

②強度はデジタルフォースゲージで測定し、同時にオリジナルソフトウェアで解析を行います。
③個々の測定物に合った治具を設計し、測定ワークを固定・保持します。
お客様のご要望に応じた強度測定をご提案いたします。
既存の測定器では測定が難しい場合は、オリジナル測定器をご提案いたします。

導入事例

測定方法のカスタマイズだけでなく治具もオリジナルで作成いたします。

 

Q&A

測定プログラムや測定治具は簡単に作れるでしょうか?
測定対象物に合わせて測定方法を検討させていただき、必要があれば固定治具を御見積もりさせていただきます。
貸出機はどれくらいの期間貸してくれますか?
無償で最長1ヵ月お貸しすることが可能です。※貸出機の台数に制限がございますので短い場合もございます。
購入を検討しているが説明に来てくれますか?
北は宮城から、東京、大阪、兵庫に担当者がおりますので、お気軽にご相談からご連絡いただきたいと思います。
Z-Gaugeはパソコンで制御しているそうですが、通常のパソコンとしての使用は可能でしょうか?
パソコンをソフトウェアの制御に使用しておりますが、仕様としてはOSにWindowsを入れており、エクセルのみ初期設定でパソコンに入れさせていただきます。
基本、ソフト制御用のパソコンとお考えいただき、ご使用といたしましては測定データをまとめる際にエクセルを使用される程度にお考えいただきたいと思います。
Z-Gaugeを設置する場所の制限などありますか?
高精度に評価をされる場合、室温、湿度は一定に保てる環境下を推奨いたします。
ソフトウェアのバージョンアップなど必要になりますか?
メディア送付でお客様にてアップデートいただく方法、またはメールによるアップデートも可能となります。

 

仕様

想定される評価に合わせて、スタンダード機、高精度機ラインナップをご提案させていただきます。

項目タイプⅠ(標準機)タイプⅡ(高精度機)
仕様その他仕様その他
駆動タイプ電動シリンダ方式電動スライダ方式
最大負荷300N500N
制御分解能0.01N0.001N
繰り返し位置決め精度±0.01mm±0.003mm
有効ストローク150mm220mm
動作速度0.01mm/sec~100mm/sec0.01mm/sec~100mm/sec
データ取得間隔125・250・500・1000・2000回/秒(切替選択)125・250・500・1000・2000回/秒(切替選択
ソフト基本仕様移動位置指定(最大98ステップ)移動位置指定(最大98ステップ)
移動速度指定移動速度指定
移動加速度指定移動加速度指定
ステップ保持時間設定ステップ保持時間設定
繰返し設定繰返し設定
解析設定

・範囲内最大値

・範囲内平均値

・範囲内最小値

・立上り解析(実測値使用)

・立上り解析(最大値使用)

解析結果による測定停止機能

(オプション)

解析設定

・範囲内最大値

・範囲内平均値

・範囲内最小値

・立上り解析(実測値使用)

・立上り解析(最大値使用)

解析結果による測定停止機能

(オプション)

幅×奥行き×高さ200㎜×245㎜×815㎜350㎜×290㎜×900㎜
重量19.5㎏40.0㎏
電源100V AC電源100V AC電源
接続端子USB BコネクタUSB Bコネクタ
コンピュータプログラムインストールおよび設定済みのものを添付納入Windows のインストールされたノートパソコンプログラムインストールおよび設定済みのものを添付納入Windows のインストールされたノートパソコン

脚注:Windows は米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

 

導入の流れ

 

測定お打ち合わせ

測定対象物と測定箇所を弊社担当へご説明ください。

測定検討

測定可否の判断を行います。

測定結果のご報告

測定可能な場合は、測定データをご報告させていただき、測定に関する課題など合わせてご報告。

導入仮想の工数見積もり

自動測定プログラム、必要に応じて測定治具案をご提案させていただきます。

実導入のシミュレーション①

測定プログラム作成、簡易測定治具の製作を行い、貸出機でご利用いただけます。

実導入のシミュレーション②

導入用測定治具の製作。

実導入ご検討

自動測定プログラム、測定治具を組み込んだ貸出機でご利用いただきます。

導入検討

導入について検討いただきたいと思います。

ご発注

通常、ご発注後約2か月にてご納品を予定いたします。

納品

設置時に取扱い説明をいたします。

※サポート体制:追加の測定対象物に対して測定プログラム、固定治具のご提案もいたします。
※測定プログラム費用:御見積もりさせていただきますのでお気軽にお声掛けください。

 

動画

ラミネートチューブ剥離強度

 

サインペンのキャップ繰り返し強度

容器とキャップのはまり合う感触を数値化

イタズラ防止キャップ引きちぎり強度

ボトル容器スクイズ性の強度

シャープペンノック繰り返し強度

フックの耐久強度

金属クリップ耐久試験

化粧品容器はめ合い強度

 

二軸強度試験機 XZ-Gauge(エックスジーゲージ)

X軸方向に可動させながら、同時にZ軸方向へも可動させることで、例えば、ヒンジキャップの開閉する力を、人の動作を真似た動きで再現させ、その力を測定し、数値でとらえることが可能です。こちらは受託測定のみ承ります。

・受託測定専用の測定器です。機器販売はしておりませんが、測定方法の開発も承ります。
・二軸の動きで人の手の動きや機械の動きを再現し「力の変化」を測定します。
・フォースゲージにて自由曲線で今まで測定できなかった人の感覚値を数値化します。

 

概要

二軸で可動することで一軸では再現できない人や機械の力を再現した特殊な動作の測定が可能です。

引っ張り強度試験 圧縮強度試験 破壊強度試験 嵌合強度試験 繰り返し耐久強度試験など応用できる範囲は幅広いですが、測定方法のご提案もさせていただけますので、お気軽にご相談ください。

XZ-gaugeはX軸方向に可動させながら、同時にZ軸方向へも可動させることで、例えば、ヒンジキャップの開閉する力を、人の動作を真似た動きで再現させ、その力を測定し数値でとらえることが可能です。

Z-gaugeよりも複雑な動きを再現できますので、より人間の動きに近い測定を実現化します。

 

人間の動きを再現

実使用に近い形での動きを再現するので、より現実に近い評価が可能。

測定方法のご提案

測定方法からご提案させていただきます。また治具を使用する際も設計から承ります。※二回目以降の測定は測定費のみ

広い応用範囲

人の動き以外にも二軸で動くことを利用しさまざまな測定プログラムをご提案いたします。

今お困りのこんなことが解消されます!

ASKA
・検査員がフォースゲージを使用して測定しているが人により測定値がばらつく。
・繰り返しの加圧試験など検査員の測定工数がかかりすぎる。
・現在の評価方法で、方法や測定値は間違ってないだろうか?

 

特徴/機能

人の動きを再現して実使用に近い形の測定を実現!

X軸に稼働させながらZ軸にも稼働させることで人の手に近い動きを再現することができます。
連続動作や高速可動、低速可動も可能で、今まで数値化することができなかった「いい感じ」や「こんな感じ」といった、官能値を具体的な数値にして管理することができます。

測定のご提案をさせていただきますので、測定方法がわからなくても安心

測定方法の検討がつかなくても、ご相談ください。
測定方法のご提案や、使用する治具の設計から承ります。
今まで行っていた測定方法や、どういうことを測りたいかだけをお伝えいただき、最適な測定方法をご提案いたします。

幅広い測定範囲

二軸の動作をPLC(通称シーケンサー)にて作り上げます。
任意の動作、任意のスピード(加減速可能)が設定可能です。
引っ張り強度試験 圧縮強度試験 破壊強度試験 嵌合強度試験 繰り返し耐久強度試験などに対応しております。

※一軸方向では測定ができない、特殊な動作の「ちから」の測定も可能です。

 

Q&A

どのような流れで利用されますか?
まずは測定したいサンプルと測定したい箇所などをお伺いいたします。ヒアリング後、御見積もりを申し上げます。ご発注後、測定を実施しレポートを提出いたします。
価格は?
測定可否判断は無償にてご対応申し上げます。実際の測定、治具については別途御見積もり申し上げます。
立ち合いは可能ですか?
弊社関西工場にて測定を実施いたします。お越しいただくことが可能でしたらお立ち会いください。
貸出機はありますか?
XZ-gaugeは受託測定専用機器となりますため、貸出しは行っておりません。
測定依頼を検討しているが説明に来てくれますか?
北は宮城から、東京、大阪、兵庫に担当者がおりますので、お気軽にご相談からご連絡いただきたいと思います。
どのように測定すればいいかわからないのですが、対応いただけますか?
測定方法からご提案させていただきます。測定治具が必要な場合は、設計から承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

仕様

測定範囲
耐荷重500N
測定スピード0.01㎜/s~400㎜/s
X軸可動範囲200㎜X-Z同時移動が可能
Z軸可動範囲200㎜※片側のみの動作も可能
荷重測定ロードセル50N等に仕様変更可能
動作プログラム
Programmable Logic Controller
測定データ取り込み
1/1000秒条件設定可能
操作方法
タッチパネル式

 

利用の流れ

測定方法お打ち合わせ

測定対象物と測定箇所を弊社担当へご説明ください。

測定検討

測定可否の判断を行います。

測定可否の報告

測定可能な場合は、測定費用・納期、また測定に関する課題なども合わせてご報告します。
自動測定プログラム、必要に応じて測定治具案も提案いたします。

発注

納品

測定データを取りまとめ提出させていただきます。

※当該機器については、受託測定のみとさせていただいております。

 

動画

クリップの強度

ペンやシャープペンのノックを解除するクリップの強度を繰り返し測定の様子です。

ヒンジキャップの繰り返し開閉強度

気密性が求められるヒンジキャップに対して繰り返し開閉を行い、強度変化の経過を捉えています。

 

繰り返しヒンジ強度耐久試験

数値による強度測定はできませんが、二軸制御によりヒンジ強度の耐久試験も行えます。
動画では市販品のキャップに対し、1,000回の繰り返しヒンジ強度試験を行っています。
インターバルのスピードも勿論自在です。

ヒンジ破壊強度試験

市販品のキャップに対して『ヒンジに対して90度方向からの力がかかりキャップが破壊される力』場合の測定を行っています。
速度指定が出来るため、様々な想定外の力が加わる状態を再現出来ます。

 

振り出し再現試験

粉体の振出を自動化プログラムにより、毎回1度ずつ傾きを変更、5回振り後に3度プラスした傾きへ変更など様々なパターン変更を行い、実際の使用場面のばらつきに近い振出を再現しています。
振出時に高速度カメラをつけての撮影も可能です。

 

 

衝撃試験器 S-Gauge(エスゲージ)

割れ強度を50%破壊エネルギーという数値で評価するための試験器です。評価対象物毎に専用のジグ作成も行い、対応させていただきます。
アスカカンパニー独自の評価方法で目に見えない破壊強度を数値化
評価対象品ごとに専用の治具を作成も対応

概要

S-Gaugeは、評価対象品ごとに専用測定治具を弊社にて作成しますので、製品での衝撃破壊エネルギーの数値化が可能となります。それにより評価対象品での強度比較等の評価が可能となります。

製品導入後の運用まで見据えたサポート

アスカカンパニーの評価基準をご提供

固定治具はオリジナルのものを作成

「測定機」「測定用治具」「解析ソフト」の3つで破壊強度を数値化し評価するための試験器です。

S-Gaugeは、評価対象品ごとに専用測定治具を弊社にて作成しますので、製品での衝撃破壊エネルギーの数値化が可能となります。それにより評価対象品での強度比較等の評価が可能となります。

製品導入後の運用まで見据えたサポート
アスカカンパニーの評価基準をご提供
固定治具はオリジナルのものを作成

今お困りのこんなことが解消されます!

ASKA
・破壊強度を測定したい。
・強度測定のノウハウがない。
・特定部位の強度測定を行いたい。

 

特長/機能

破壊強度を用いて、破壊され易さを比較することが可能

50%衝撃破壊エネルギーとは
S-Gaugeは、破壊強度を50%破壊エネルギー(J:ジュール)という数値で評価を行っています。
容器に対して一定値の破壊エネルギーを与えるとおおよそ50%の確率で容器が割れる値を決定づける方法です。

用途

同じ条件下において、この数値(J)を用いて、破壊され易さを比較することができます。
プラスチックではアイゾット試験などの原料レベルでの物性値がありますが、現物を用いての評価が行えるため、製品開発や品質検査に有用です。

カップ測定用専用治具

こちらの表では、錘の落下エネルギーを治具で固定された対象物に与えていき、「破壊されていない」との判定で、高さを一定幅上げ、「破壊されている」で下げていきます。
表でみますと3回目と4回目で非破壊、破壊の境目になります為、3回目以降を計算に使用し、通常10回以上のデータの平均を求めたものが50%衝撃破壊高さの値となります。

50%衝撃破壊エネルギーの求め方

◎50%衝撃破壊高さは次の式で求められます。
(式)
50%衝撃破壊高さ(H50%㎝)=基準点の高さ(㎝)+ 移動幅(5㎝)×(Σ(i・ni)/N± 1/2)

◎50%破壊エネルギーは次の式で求められます。
(式)
50%破壊エネルギー(J)=荷重(kg)×重力加速度(9.8m/2s)×50%衝撃破壊高さH(㎝)

解析ソフトで簡単に測定データを見える化

上記の計算はJISにも用いられておりますが、難解で煩雑なためS-gauge付属のエクセル表計算表を使っていただくと、荷重、○×判定を入力するだけで、50%衝撃破壊高さと50%破壊エネルギーが求められます。

 

導入事例

大手乳業メーカー様に導入いただいております。消費者の手元で割れの問題が発生しないように、破壊強度を測定することで品質を担保します。

 

Q&A

測定プログラムや測定治具は簡単に作れるでしょうか?
測定プログラムは弊社が設定したプログラムがセットになっております。また、測定治具についても設計から製作まで承ります。
貸出しは行っていますか?
申し訳ございませんが、貸出機はございません。
購入を検討しているが説明に来てくれますか?
北は宮城から、東京、大阪、兵庫に担当者がおりますので、お気軽にご相談からご連絡いただきたいと思います。
S-Gaugeを設置する場所の制限などありますか?
安定した台の上に設置をお願いいたします。衝撃により破壊されたサンプルの破片が飛散する可能性もございますので、飛散しても良い環境に設置を推奨いたします。
ソフトウェアのバージョンアップなど必要になりますか?
エクセルを基本としたプログラムとなります。オフィス系ソフトのバージョンアップ時に不具合が発生した場合には改訂したプログラミングを送付させていただきます。

 

仕様

おもり種類(4種類)300g、500g、1000g、1500g
測定範囲(50%破壊エネルギー)0.22J~8.45J
最大測定高さ60cm
測定可能試料サイズ(W)200×(D)200×(H)150 (付属標準テーブル使用時)
試験機本体重量22kg
テーブル重量14.7kg
四角ダーツ重量2.7kg
容器用ダーツ重量1.7kg

 

導入の流れ

測定方法お打ち合わせ

測定対象物と測定箇所を弊社担当へご説明ください。

測定検討

測定可否の判断を行います。

測定可否の報告

測定可能な場合は、測定費用および納期についてご連絡、測定に関する課題など合わせてご報告。

ご発注

納品

測定データを取りまとめ提出させていただきます。

 

高さ測定器 H-Gauge(デジタルハイトゲージ)

簡単に高さを測れる装置です。
使用される環境等を考慮して設計製作を行います!
簡単に高さを測れる装置です。使用される環境等を考慮して設計製作を行います!

 

概要

H-Gaugeはデジタルハイトゲージ(高さ測定器)です。
位置による高さ測定を基本に多点の平均値などを表示並びにアウトプットいたします。
(製品を置いたときにいくつかのポイントを手動で測定指示をしてその平均を出すなどが可能です。)

お客様ご要望を実現した高さ測定器です。

測定装置の導入は失敗が多いのが現実です。
フルオーダーなら、お客様の多くのメンバーが関わられて吟味された後、仕様決定されて製作となります。
開発や検査時に有効にお使いいただいております。
工数削減と測定精度の向上!この二つが弊社の測定器製作のキーワードでもあります。
使用される環境等を考慮して設計製作を行います!

充填物などの液面測定が可能
99個の測定値を記録可能
演算(平均値、最大値、最小値)の機能

今お困りのこんなことが解消されます!

ASKA
・購入したが、使っていない。
・操作が難しく使いづらい。
・不要な機能がついている。

 

特徴/機能

・レーザー反射での非接触での測定
・20種類の製品分、基準寸法を記憶できます
・測定精度±0.5mmの高精度を実現
・測定値演算機能(平均値、最大値、最小値)

 

 

仕様

被検物想定最大寸法φ100mm(奥行き方向制限による)
測定可能最大高さ100mm
測定精度±0.5mm(目標精度とし、別途打ち合わせによる)
表示単位0.1mm
測定方法CMOSレーザー変位センサー
反射角度11°
ビーム径測定中心時(50mm高さ時) 1.0×1.5mm
タッチパネル表示部寸法約100×40mm
測定値記憶数99個
測定値演算表示内容平均値、最大値、最小値
品種記憶数20種類(基準寸法記憶)
取付機器保護構造IP65以上
使用周囲温度0~+45℃(氷結しないこと)
使用周囲湿度35~85%(結露しないこと)
電源AC100V 135VA以下
電源コード長さ1.5m
寸法W350×D350×H500
重量約23kg(設計計算重量)

※2011/ 9/12 表示単位0.01mm→0.1mmに変更
※2011/ 9/17 測定精度・電源コード長さ追記

 

多点独立光刺激装置 MiLSS(ミルズ)

脳機能解析分野において、光刺激による脳細胞の励起を研究するための装置として「多点独立光刺激装置」MiLSSを開発しました。
東北大学など研究機関で採用実績のある神経細胞に光刺激を行う光刺激装置

 

概要

オプトジェネティクスの分野で神経細胞に光り刺激を行うための光刺激装置。
東北大学とASKAとの共同特許取得済み。
この装置は神経科学における光遺伝学的研究手法をより使いやすくする目的で、これまで東北大学 八尾寛先生のご指導のもと光遺伝学研究用の光刺激装置としてMiLSSを開発・運用してきました。
お手持ちの顕微鏡に後付け可能
波長複数選択可能
市販のDLPプロジェクタを使用しコスト抑制

今お困りのこんなことが解消されます!

ASKA
・光刺激が与える影響を観察したい。
・多点独立波長を並列的に刺激したい。
・大学の研究機関で採用実績のある機器を利用したい。

 

特徴/機能

波長選択性

ハイパワーMiLSSは光源に高圧水銀ランプを利用することで全波長域の光が照射されます。これを当社独自のマルチバンドパスフィルタにてフィルタリングし最適な波長を照射することが可能となりました。

光強度アップ

ハイパワーMiLSSは光源に高圧水銀ランプを利用することで格段に光強度がアップしました。これにより強い光刺激が必要なタンパク質に対しても実験を行うことが可能となりました。

汎用プロジェクターを活用いただけます

ハードウェアは現在のところ汎用プロジェクターを活用しています。光についてのご要望が多いことから、例えば必要な光の波長に収めるためにプロジェクターに内蔵したカラーホイール製作を行って、必要な光の波長を得たりコントラスト比を考えた開発も行っています。

 

導入事例

国内国立大学様やアメリカの大学様などに導入いただいたり、導入のおうちあわせをいただいています。光の顕微鏡への導入については、光源含めていろいろな開発も行っています。

使用例

ChR2/ArchT発現神経細胞から記録

青色光で神経細胞は発火(ChR2活性化)
黄色光で神経細胞は過分極(ArchT活性化)

仕様

①ソフトウェア

ソフトウェア 動作環境(Ver.2.11)標準装備
CPUWindows 2.33GHz以上のx86互換プロセッサー
OSMicrosoft® Windows® XP(32-bit版)
Windows Server® 2003(32-bit版)
Windows Server 2008(32-bit版)
Windows Vista®(32-bit版)
Windows 7(32-bit版および64-bit版)
RAM1GB以上のRAM、128MB以上のグラフィックメモリ
出力HDMI出力端子(映像出力用)・USB2.0端子(トリガー用)
トリガー装置 回路図
トリガー装置:MLS-TRG

②ハードウェア

標準装備
照射装置(デジタルプロジェクター)
BenQ MX514相当
画素数XGA(1024×768)
投写方式DLP® technology by Texas Instruments®
輝度2700ルーメン
コントラスト比10000:1
HDMIケーブル5m

キューブ(7:3 ハーフミラー装着済み)

オプション
外部冷却装置(オプション:MLS-CLR)
送風能力最大2.6m³/min(可変タイプ)
ブロアランナー径Φ100mm
最大風量時回転速度3000r/min
最大静圧275Pa
騒音レベル63dB(A)
電圧100V
使用電圧範囲±10%
周波数50/60Hz(50Hzの場合能力2割程度減)
電流0.55A
入力55W
電源制御プロジェクター連動
吸入口径50mm(途中プロジェクタ側30mm)
排気口径50mm
寸法W300×D290×H210(単位:mm)
重量6kg

 

MLS-CLR
※装着イメージ

マルチバンドパスフィルタ(オプション:MLS-MBF-1)

導入の流れ

お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ご案内

ミルズについて弊社よりご案内させていただきます。
ご要望に合わせてカタログなどの送付もさせていただきます。

導入ご検討

ご発注

ご納品

動画

オプトジェネティクス 光刺激ソフト(チャネルロドプシン)1/6

オプトジェネティクス 光刺激ソフト(ニューロン)2/6

オプトジェネティクス 光刺激ソフト(光遺伝学)3/6

オプトジェネティクス 光刺激ソフト(チャネルロドプシン)4/6

オプトジェネティクス 光刺激ソフト(光遺伝学)5/6

オプトジェネティクス 光刺激ソフト(ニューロン)6/6

 

 

成形品切断機 キッタロウ

開発での製品評価や工程検査等でプラスチック製品を切る必要がある場合に、カッターでの切断作業が危険でしんどいということで生まれた製品が「キッタロウ」です!
プラスチックを簡単にキレイに安全に切断できます。

概要

製品評価や工程検査等でプラスチック製品を切断する際に安全に楽に切ることができます。卓上で置けるサイズなので、省スペースで簡単に移動させることができます。
※カッターの刃で切断できる程度の性能です。開発での製品評価や工程検査でプラスチック製品を切る際、カッターでの切断作業は危険で力もいる作業です。
キッタロウを使えば簡単に、安全に切断できます。

さらに断面もきれいに切ることができますので、測定する時に切ってすぐに測定することができます。
替え刃は文具店やホームセンターで購入できるため経済的です。

てこの原理で力を効率的に伝動
断面がきれいに切れるので測定も簡単
直接刃に触れないので安全

今お困りのこんなことが解消されます!

ASKA
・光刺激が与える影響を観察したい。
・多点独立波長を並列的に刺激したい。
・大学の研究機関で採用実績のある機器を利用したい。

 

特長/機能

小さなものでも簡単に、きれいに切断可能

安全ロックが装備されています。

小さいものも固定して切断できます。

断面がまっすぐできれいです。

割れやすい材料などには不向きです(切断するより割れてしまうため)。
カッターナイフで切れる範囲が対象となります。

徹底した安全対策で怪我を防止します

カッターでの切断作業を安全に行えないか?ということからキッタロウの開発はスタートしました。
徹底的に安全性にこだわったキッタロウは、多少の便利さを犠牲にしても安全性を追求しています。
お客様からの声で更なる安全性向上を目指しています。

【安全対策1】 セーフティーロック機構搭載

成形品の位置を手で調整しながら切断作業を行うと、手に怪我をしてしまう可能性があります。
キッタロウでは、片手は切断バーの操作、もう片手はセーフティーロック解除操作を行わないと切断できません。
両手が切断ステージにない状態でないと操作が行えない機構になっており、怪我を防止します。

【安全対策2】 飛散防止カバー付き

成形品の応力によっては、破断する際に細かい破片が飛散する可能性もあります。
キッタロウでは、飛散防止カバーを装着していますので、飛散した破片による怪我を防止します。
また、飛散を防止しますので工程内での検査にもお使いいただけます。

長期間の無料貸し出し期間で導入テストが可能

導入したけれども、切断出来なければ安全性にこだわりをもっていても意味がありません。
成形品の形状や材質によって満足ゆく結果が得られない場合もあります。
ミスマッチを防ぐために無料貸出し機でテストを行うことが出来ます。

 

導入事例

成形品においてはノギス測定が安定しない場所や測定不可能の場所があります。
そういった場面において、キッタロウで成形品をカットすることにより測定が可能となります。
さまざまな成形品を取り扱っておられる企業様に導入いただいております。

【フルカスタム品】

・オールステンレス仕様
食品関係の工程内にも持ち込める特注仕様となります。

他様々なニーズに合わせてカスタマイズいたします。

 

Q&A

どのような測定場面で活躍しますか?
工程内で成形品をカットして寸法を測定される場合などにご活用いただけます。また成形品以外にも、お客様がカッターなどで切断される際に導入いただける可能性がございます。詳しい用途についてご対応させていただけるかについてはお問い合わせください。
貸出機はどれくらいの期間貸してくれますか?
無償で2週間貸出しが可能です。貸出期間中にご活用いただけるかお試しください。貸出しについては専用の梱包ケースにてお送りいたしますので簡単に梱包いただけます。
購入を検討しているが説明に来てくれますか?
北は宮城から、東京、大阪、兵庫に担当者がおりますので、お気軽にご相談からご連絡いただきたいと思います。
キッタロウを設置する場所の制限などありますか?
キッタロウは安全性に配慮した商品ですが、商品特性上刃物を搭載しております。ご使用に際しましては本体がぐらつかない平坦な場所でご使用ください。またキッタロウは卓上サイズで簡単に場所を移動させることができますが、移動の際は安全のため丸刃を外してから移動させてください。
製品の形状により置き方が不安定なのですが、大丈夫ですか?
置き方が安定しない形状のものについては、弊社にて安定させる治具の制作も承ります。3Dプリンターを活用する場合もございます。

 

仕様

有効切断サイズ

高さ45mm×奥行き40mm
※横幅はステージに置けるサイズ、150mmを推奨

キッタロウ本体サイズ

幅165mm×奥行き245mm×高さ650mm

販売価格

価格はお問い合わせください

 

利用の流れ

測定お問い合わせ

切断対象物と切断箇所を弊社担当へご説明下さい。

測定検討or機器貸し出し

切断可否の判断を行います。

測定結果のご報告

切断可能な場合は、測定データをご報告させていただき、測定に関する課題など合わせてご報告。

実導入ご検討

ご発注

在庫状況により納期が異なります。

ご納品

設置時に取り扱い説明をいたします。

 

動画

プラスチック・ゴム切断装置「キッタロウ」


フォークリフト用マストガード 汚れん棒

マストガードはフォークリフトによる油付着や傷付きを低減し防虫カーテンをきれいに保ちます。
フォークリフトに取り付けるだけで、のれんタイプの防虫シートへのフォークリフトからの油付着を防ぐことができます。

概要

フォークリフトのマスト部が防虫カーテンと接触し、防虫カーテンがキズや駆動部のグリスが付着して、運搬中の製品ケースを汚すなどの問題を解決します。

フォークリフトへ簡単に取り付けできます。
製品への汚れ付着防止
防虫カーテンが長持ち
取り付け簡単(フォークリフトの加工なし)

今お困りのこんなことが解消されます!

ASKA
・のれんタイプの防虫カーテンにフォークリフトの油がついて汚れる
・防虫シート(カーテン)がすぐ痛んで交換しなければならない
・フォークリフトに加工すると強度不足になって困る

 

特徴/機能

フォークリフトへの加工は一切なし

ステーとボルトで挟み込むだけで簡単に取り付けできます。

※当製品は、お客様にて組み付けを行っていただいております。
組み付け時の作業には十分に注意していただき、自己責任にてご使用をお願いいたします。

ローラーやチェーンによるカーテンのキズ、汚れを低減

フォークリフトのバックレストが最大上昇時にマストガードと干渉する問題を、防振ゴムを取り入れたアイデアにより問題を解決しています。(防振ゴムによりバックレストの動きに追従)

 

導入事例

他社フォークリフトはじめ、多様な機種にご対応します。

ニチユ社フォークリフトをはじめ、トヨタL&F社_JENEO2.5t機種にも本体サイズの調整、固定器具を工夫することで装着、販売させていただきました。

ある程度本体と固定器具で汎用性をもたせておりますので、まずはフォークリフトメーカー、トン数などをご連絡いただき、お気軽にご相談いただければと思います。

※事前確認として、『汚れん棒』を装着するマスト部分の採寸をお願いしておりますので、こちらの画像箇所を採寸し、弊社にご連絡ください。


ニチユ三菱フォークリフト リーチタイプ


TOYOTA社製 JENEOシリーズ 7FD25 3段マスト仕様

 

仕様

製品仕様幅245mm×横945mm×高さ100mm
製品重量約2,300g(車種により異なります。)
対応機種TOYOTA GENEOシリーズ
車種 6FD15、7FD15、8FD15
その他車種へ展開中

部品構成

汚れん棒 本体……1式
固定用ステー(M12)……4個
固定用ボルト(M6)……4個

 

「汚れん棒」外寸図

ガード断面は円柱ではありませんが便宜上直径で表しております。
また、寸法は概寸となります。

 

取り付け方法

フォークリフトへの汚れん棒の取り付け

汚れん棒 取付後の確認

汚れん棒設置時 バックレストのクリアランス確認

汚れん棒 装着前と装着後画像

汚れん棒 取り付けに関して、採寸必要箇所

 

動画

フォークリフト用マストガード(汚れん棒)のご紹介動画


画像検査統計表示システム(CiS)

画像処理検査統計解析システムは、検査カメラから得られる情報を一括でわかりやすく、どこからでも確認できるようにするシステムです。
画像検査をOK・NG判定だけで終わらせていませんか?
データ活用で生産ラインの見える化を!

画像検査カメラは検査を行い、その結果として不良品の排出を行っています。
それぞれの成形機に配置した個々の画像処理装置が製品の良否判断を行っていますが、カメラに詳しい人間以外は何がいつどのような不良が出たのかが分かりません。

“カメラ検査の良否判定結果を簡単に見ることができないのか?”

これは生産ラインの作業員や検査員がいつも思う事です。
カメラ検査にて排出されている不良品の個数や種類など、そうした『生産の見える化』が出来たらいいのに。
そうすると、不良が大量に発生する兆候を捉え対策案を考えること、また重篤な不良の発生にいち早く気づき流出の可能性を抑えるなど、多くのことが出来るようになる。
『生産の見える化』が出来れば、多くの人が自分たちで問題を解決することが出来る。

CiS(Camera Infomation System)は『生産の見える化』を行うシステムです。

 

概要

画像検査カメラのデータを集約、検査対象製品に紐づけし、誰にでもわかりやすい形でカメラ検査結果を提供するソフトウェアです。
生産ラインに複数の画像検査カメラを取り付けていても、全ての検査結果は自動的に1つの結果に集約されて表示されるため、どのカメラがどの製品のどの位置にあるものであるかを考えてデータを見る必要がありません。

現在どのラインでどれだけの不良が出ているのか分かりやすく時系列でグラフ表示。
生産ラインにある一定量以上の不良が発生すると問題発生をお知らせ。
過去1か月の不良推移などデータをまとめて確認できるため、長期間の管理にも役立ちます。
各カメラの画像検査データを1つのサーバへ集約、全て保存しますのでトレーサビリティにも有効。
社内ネットワークに接続するといつでもどこからでも生産状況の把握・共有ができ、問題の解決を早めることが出来ます。

導入方法

「画像処理検査統計表示システム(通称CiS)」は、画像処理カメラ機器のデータをサーバへ集約・集計を行いその結果を見える化するシステムです。
利用するにはLANネットワークの設置が必要になります。
簡単な導入方法は以下のようになります。

画像処理カメラ機器のコントローラーとクライアントPC(データ収集用PC)を接続します。
クライアントPCに『CiS_CL(検査データを既定のデータ形状に整えるソフトウェア)』と『CiS_Sender(CiSサーバへのデータ送信ソフトウェア)』をインストールします。
弊社より提供するCiSサーバ(各種設定済み)をクライアントPCと同じネットワーク内に設置します。
画像処理カメラ機器が検査を行うと、その結果がクライアントPCへ、そしてクライアントPCよりCiSサーバへデータが送信され、結果が集計されていきます。
各端末のWebブラウザを使用し、CiSサーバにアクセスすることにより各データの集計結果を確認することが出来ます。

 

仕様

クライアントPC(データ収集用PC)

各種カメラメーカーのデータ収集に適した能力のPC(カメラメーカーにて確認)
・CiS_CL(検査データを既定のデータ形状に整えるソフトウェア)をインストール
・CiS_Sender(CiSサーバへのデータ送信ソフトウェア)をインストール

CiSサーバ

2ポートのEthernetPort1000Baseネットワーク(カメラネットワーク用、社内ネットワーク用の2種)
サーバ機の能力(CPU/RAM/HDD)は対応するカメラ台数によって適宜選定
・CiS_Web(CiSサーバ用データ集計・Web表示用ソフトウェア)をインストール

データ確認用端末

javascript対応のWebブラウザ

ネットワーク

Ethernet1000Base以上のローカルネットワークを使用(100Baseだと通信の保証はできません)

対象画像検査カメラメーカー

Cognex社・Keyence社画像検査カメラ機器(利用機器、データ集計方法など事前確認が必要です)
※その他メーカー機器対応は相談の上対応となります。

 

 

アスカ画像検査シミュレーター

アスカ画像シミュレーターは、実際の検査ラインで画像検査を行う場合において必要な部分をコンパクトにまとめた簡易画像検査機械です。アスカ画像シミュレータを使用して簡易画像検査ラインの構築や実際の生産機械に画像検査カメラの設置や設定を行う前に、画像検査カメラの正しい設置位置や設定を確認することができます。
カメラ検査の強い味方!
本製品は画像処理カメラ検査ライン導入を事前検証するためのシミュレーターです。
弊社の『アスカカメラスクール』を受講の上で購入をご検討いただくことをお勧めします。
シミュレーター詳細仕様については、ご注文時お打ち合わせ後製作となります。

基本セット仕様

照明アイテックシステム LED全視野リング照明 TR125×77-16WD-4
照明寸法 外径125mm/内径77mm
照明コントローラー付属(手動切り替え)
コンベア寸法 機長640mm/ベルト幅150mm
スピード 最大350mm/sec(インバータ制御により10%-100%まで変化)
センサ反射式アンプ内蔵型光電センサ(ある程度の透明製品対応可)
PLCKEYENCE社PLC(プログラマブルコントローラー)
電源AC100V仕様

別途必要となるもの

・検査用カメラ  ※参考:弊社シミュレーター[Cognex In-Sight EZ 720c/カラーカメラ]・カメラ用レンズ ※参考:弊社シミュレーター[Cマウント8mmレンズ]・EternetポートがあるPC(シミュレーターのオペレートに使用)

 

>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチックではライフサイエンス・食品・コスメタリー・文具・トイレタリー分野など、 機器・装置では生命科学での光刺激装置や半導体機器の検査装置分野など、プラスチックのものづくりで育んだ資源を活用しさまざまなフィールドでビジネスを展開しています。

CTR IMG