金型洗浄サービスの仕組みと必要性



金型洗浄の必要性

金型・成形装置は使用して行く中で、金型分解掃除など通常のメンテナンスでは除去できない樹脂が滞留していきます。
無理なメンテナンスでは金型・成形装置に傷をつける恐れや、滞留樹脂を放っておくとガス腐食などで機器の寿命が短くなってゆきます。
長く良い状態で金型・成形装置を維持するにはクリーニングは必須です!!
クリーニングは弊社グループ会社である金型製作メーカーの株式会社トムスにて請け負います。
クリーニングサービスにて金型分解、組上時などに金型製作のノウハウを生かして金型の状態確認を行います。
クリーニング前・クリーニング後の状態を写真に写し、わかりやすく報告させて頂きます(詳細は金型洗浄サービス流れにて)。

 

金型洗浄サービスで解決できること

ホットランナー金型からの練込異物などで、歩留まりが悪化したり検査工程の負担増加などでお困りではないでしょうか。

弊社の金型クリーニングではホットハーフの手が届かない部分、通常のメンテナンスでは届かない部分までクリーニングを行います。

汎用プラスチックであるPS・PP・PEなどは炭素・水素を主体に構成されています。
これらの有機物に対し、クリーニングオーブン内を摂氏500度近い雰囲気温度に昇温し高熱処理を行います。
金型の隅々に付着した樹脂カスや油カスなどの有機物は、高温処理による酸化還元反応により水と二酸化炭素に分解、除去されます。
マニホールド洗浄の場合は、その後仕上げ処理を経て、ファイバースコープにて流路状況を確認して完了となります。

クリーニングオーブンの機能として、クリーニング処理によって金型内の残留樹脂は酸化還元して大気中に放出されます。

 

 

>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG