会社概要・沿革

  1. HOME >
  2. 企業情報 >

会社概要・沿革


社名   アスカカンパニー株式会社

設立   1968年(昭和43年)2月

代表者  長沼 誠 ながぬま まこと

資本金  1億円

従業員数 約250名(パート等含む)

 

事業内容

  • プラスチック分野 : プラスチック製品の開発・製造・販売
  • 機器システム分野 : 測定・研究機器・工場自動化に関わる開発・製造・販売・サービス
  • メンテナンス分野 : 金型・装置のメンテナンスサービス
  • セミナー分野   : セミナーによるノウハウの提供

プラスチック分野

プラスチック事業

アイデアスケッチから知財調査、製品設計、金型製作、製品評価、製造まで一貫した、ワンストップサービスを提供します。
バイオロジカルクリーンルームによる清浄度の高い生産体制、独自の品質保証体制による高品質で安定した製品提供が強みです。
多数の射出成形技能士(特級、一級、二級)を擁し、多様化したニーズにお応えしています。
アライアンスパートナーと連携し、射出成形以外の精密切削加工やシート成形など幅広く請け負います。

機器システム分野

強度試験、衝撃試験等、評価測定に必要な機器をプログラムから内製で開発、受託測定サービスとして展開しています。
キッタロウ等、MK(QC活動)から生まれた『生産作業や検査作業において使いやすい機器』の提供を行っています。
またIoTやAIに関わるノウハウをセミナーという形で提供し、工場自動化の支援にも取り組んでいます。

メンテナンス分野

金型メンテナンス

長く射出成形に携わり、金型製作・プラスチック成形で培ったノウハウの一つとして、成形プロセスで発生する異物対策や樹脂漏れ対策があります。
ホットランナー金型やミキシングノズルなどプラスチック周辺に特化したメンテナンスサービスを提供しています。

セミナー分野

セミナー分野

数々のカメラ検査や成形技能、IoT・AIの活用において蓄積されたノウハウをセミナーの形でご提供しています。

お取引先( アイウエオ順 ・ 敬称略 )

アサヒグループ食品株式会社
味の素株式会社
ウイストン株式会社
江崎グリコ株式会社
大塚テクノ株式会社
カウパック株式会社
株式会社太田胃散
株式会社ガリウム
株式会社サクラクレパス
株式会社太陽チューブ
株式会社トパテック
株式会社パックプラス
関西チューブ株式会社
共同印刷株式会社
小林製薬株式会社
サンスター株式会社
シスメックス株式会社
積水成型工業株式会社
タカナシ乳業株式会社
武内プレス工業株式会社
東洋製罐株式会社
日本光電工業株式会社
ハーゲンダッツ ジャパン株式会社
不易糊工業株式会社
富士フイルム和光純薬株式会社
ヤマトマテリアル株式会社
日本山村硝子株式会社
チチヤス株式会社
ほか

 

沿革


  • 1968年

    長沼誠一郎が尼崎市大西に京都化成工業株式会社を設立

  • 1969年

    滝野町高岡で(仮)工場にてプラスチック成形品の製造販売を開始

  • 1972年

    兵庫県加東市に関西工場竣工 5,457.77㎡(1,700坪)

  • 1978年

    宮城加美郡宮崎町に東北工場竣工 8,234.84㎡(2,500坪)
    MK活動(QC活動)キックオフ

  • 1979年

    第1回本社MK発表会開催

  • 1982年

    本社を尼崎市より加東市高岡に移転

  • 1985年

    東京都内に東京営業所を開設

  • 1986年

    株式会社トムス設立、金型製作開始(現在 関西工場と併設)

  • 1989年

    大阪府茨木市に大阪オフィス開設

  • 1999年

    資本金1億円に増資

  • 2000年

    本社工場ISO9002認証取得

  • 2001年

    本社工場ISO14001認証取得

  • 2002年

    京都化成工業株式会社から社内公募によりアスカカンパニー株式会社に商号変更(CI)

  • 2003年

    滝野工業団地に工場用地を取得 13,577.02㎡(4,100坪)

  • 2005年

    長沼恒雄が代表取締役、長沼誠が代表取締役副社長に就任

  • 2006年

    本社工場 Sサイト竣工(竹中工務店様 施行)測定器の開発製造事業開始

  • 2007年

    関西工場に印刷工場増設

  • 2008年

    設備・金型の異物除去クリーニング事業
    IPF 国際プラスチックフェアに初出展

  • 2009年

    インターフェクスジャパンに初出展

  • 2010年

    東北大学と脳機能解析分野において多点光刺激装置『MiLSS(ミルズ)』を開発(共同特許)
    独自のインラインカメラ分析システムの開発

  • 2013年

    本社工場 Nサイト竣工(竹中工務店様 施行)

  • 2014年

    宮城県に新工場用地として雁原(がんばら)工業団地に 13,332.08㎡(4,040坪)を取得

  • 2015年

    FSSC22000・ISO22000 認証取得(食品安全規格)

  • 2016年

    画像処理検査導入スクールを開始成形機メーカーと成形機ログ解析(ビッグデータ)開発を開始

  • 2017年

    ビッグデータ処理による成形品の良否判定及び成形装置の異常兆候の事前把握の発明及び特許出願
    京都化成メモリアルオフィス『KY House』リノベーション施工

  • 2018年

    創業50周年を迎える
    射出成形機の故障予測のための手法とそれを用いた検査装置の発明、及び特許取得
    宮城県に新工場『Knowledge Park』施工

  • 2019年

    成形機型締力監視装置 CFM を発売開始

  • 2020年

    ISO9001(2015年度版)再取得
    ユースエール認定(若者雇用促進法に基づく認定)を取得
    くるみん認定を取得

  • 2021年

    「異物発生原因推定システム」を発明し特許取得、工場にてシステム稼働開始
    弊社QCサークル活動「MK」を商標登録
    えるぼし認定を取得
    長沼恒雄が代表取締役 兼 CTO(最高技術責任者)、長沼誠が代表取締役 兼 CEO(最高経営責任者)に就任