技術コラム

【成形品のアレコレ-1】キャップについて

  1. HOME >
  2. 技術コラム >

【成形品のアレコレ-1】キャップについて

キャップの名称と種類

アスカカンパニーは射出成形という方法を用いて(3Dプリンタや、切削加工などもありますが)で様々な成形品を生産しています。

成形品の種類としてはライフサイエンス・食品・コスメタリー・文具・トイレタリー分野などに関わる様々な形状のものを生産しています。

その中でもチューブ容器やペットボトルなどでよく見かける『キャップ』について実際の画像と共に簡単にご紹介します。

 

スクリューキャップ

スクリューという名のごとく、ネジで締め込むキャップです。

外観は様々で全体的につるつるとしたものや、縦の線が入ったものなど、様々な形状があります。
ローレットと呼ばれる縦の線が入ったものは、見た目の特徴だけでなく持ちやすさや掴みやすさ向上の効果もあります。

スクリューキャップ

[歯磨き粉などに使用されるキャップ]


ヒンジキャップ

プラスチックは金属などに比べて柔らかく、伸びる性質(特にポリプロピレン)があります。
その伸びる性質を持って『ヒンジ(蝶番)』と呼ばれる開閉できる機構を作ることができます。
ヒンジキャップの特徴は、開け閉めにおいて、ねじるなどの作業を必要とせず、押し開けるなどの開閉が片手で簡単にできることにあります。

アスカカンパニーではヒンジキャップの設計を得意としており、開けやすさや外観にこだわりを持った設計を行っています。

ヒンジキャップには本体にキャップをセットする際にスクリュータイプと、そして打栓タイプがあります。
スクリュータイプはネジによって本体と結合しますが、打栓タイプはカチコミタイプとも呼ばれ、本体に打ち込んで取れなくなる結合方法になっています。
一度本体にセットされたヒンジキャップを外す必要がない場合は打栓タイプを使用される傾向があります。
また、スクリュータイプのヒンジキャップの形状においてチューブ容器のデザイン正面に対してヒンジキャップの指かけ部が一致する必要があり、チューブ容器側とキャップのそれぞれの位置がきちんと一致する生産方法が必要になります。

ヒンジキャップ

[弊社ASファミリーのヒンジキャップ]



改ざん防止機能付きキャップ(タンパーエビデンス)

PETボトルでおなじみの『一度開栓したことが分かるキャップ』のことになります。
購入前に製品に付随するキャップが不特定多数に開かれてしまった場合、製品の中身の安全性は保障されません。
特に食品などでは変質したり腐ってしまうことや、異物を混入されるなどが発生してはなりませんので、非常に重要なものです。
改ざん防止の機能としては、タンパーと呼ばれる部分を引きちぎって開くなど、最初の開栓時に形状の一部が元に戻らなくなるものになります。
アスカカンパニーではスクリューキャップ・ヒンジキャップのどちらにおいても改ざん防止機能を付与したキャップを生産することが出来ます。

タンパーエビデンスキャップ

[弊社ASファミリーのタンパーエビデンスキャップ]


タンパーエビデンスキャップをセットした場合。

[下部品(この場合はスパウト)とセット時、キャップを開いた際にタンパー部分がちぎれて残る]


アスカカンパニーでは様々な形状の製品を制作しております。
この形状は出来るのか、この機能は実現できるのか等々、気軽にお問い合わせください。

こちらもCHECK

プラスチック
オリジナル:スプーン・ケース等

アスカカンパニーオリジナルの成形品 -【 ASファミリー】 アスカカンパニーでは様々な形状のプラスチック製品を取り扱っています。 インラインスクリューの射出成形 ...

続きを見る


個人情報の取扱いに関する同意事項(必ずお読みください)+ クリックして開く

弊社が個人情報を取得するにあたり、下記の事項を明記します。

A.事業者の名称
名称:アスカカンパニー株式会社
個人情報保護管理者:弊社 営業本部  個人情報お問い合わせ窓口
連絡先:〒679-0222 兵庫県加東市高岡276番地の34
電話:0795-48-3399

B.個人情報の利用目的
弊社へのお問合せについてのご回答・ご連絡のため。
弊社が取り扱っている商品またはサービス(新商品を含む)に関する営業活動上のご案内。
商品発送やサービス実施、およびアフターサービスのため

C.個人情報を第三者に提供する場合

当社は、以下の場合を除いて、個人データを第三者へ提供することはしません。
①法令に基づく場合
②人の生命・身体・財産を保護するために必要で、本人から同意を得ることが難しい場合
③公衆衛生の向上・児童の健全な育成のために必要で、本人から同意を得ることが難しい場合
④国の機関や地方公共団体、その委託者などによる法令事務の遂行にあたって協力する必要があり、かつ本人の同意を得ることで事務遂行に影響が生じる可能性がある場合

D.個人情報の取扱いの委託を行う場合
弊社は、業務の一部を外部に委託することがございます。
この場合、十分な個人情報の保護の水準を満たしている委託先を選定し、個人情報の保護に関する委託契約を締結します。

E.弊社は、開示対象個人情報について、利用目的の開示、訂正、追加又は削除、利用の停止又は第三者への提供の停止を求められた場合、これに応じます。
その場合の問合せ窓口は、上記個人情報保護管理者になります。

F.個人情報の提供の任意性
個人情報の提供は任意となりますが、ご提供いただけない場合、その個人情報の利用目的に係る業務をご提供することはできません。

G.クッキー(Cookie)の使用について

Cookieとは、ウェブサーバによって利用者のコンピューター端末に保存される小さなデータファイルです。
Cookieの利用をご希望されない場合は、ご自身でブラウザの設定を変更することで、Cookieの使用を拒否することができます。

詳しくは、お使いのブラウザにあるヘルプ機能をご覧ください。

当社ウェブサイトでは、以下の目的でクッキー(Cookie)を利用しています。

①当社ウェブサイトのトラフィックを分析するため。
②お問合せやカタログダウンロードを行う際、毎回の情報入力を省略するため。


-技術コラム
-, , ,

© 2021 アスカカンパニー株式会社