ヒンジキャップ以外のヒンジ製品事例のご紹介

前回の記事では、ヒンジキャップのヒンジ部分の違いによるキャップの違いをご紹介させていただきました。

今回はヒンジキャップ以外の製品へのアスカカンパニーでのヒンジ事例をご紹介させていただきます。

ご紹介させていただきますのは、アスカカンパニーの自社商品「V100折り畳みスプーン」「錠剤・ピルケース(ライター型プラ容器)」の二つです。

V100折り畳みスプーン

こちらのスプーンの特徴はなんといっても、折り畳みが可能なことです。
スプーンを別添する際には限られたスペースにスプーンを入れる「収納性」と、使い勝手のいい「サイズ感」が重要なポイントになってきます。

これらは通常オフセットの関係で、収納性をよくするとスプーンのサイズがコンパクトになる反面、小さくて使いにくい形状になってしまいます。
反対に、使いやすいサイズにすると収納性が悪く、限られたスペースに収まらない状態になってしまいます。

折り畳みスプーンはこれらの二面性を持ったテーマを解消すべく開発された商品です。

ご覧いただいておわかりかと思いますが、収納時には折りたたまれてコンパクトになっていますが、使用するときには組み立てることで使いやすい長さ(全長100mm)になります。

このような組み立て品は2つの形状となりますので、金型が別になってしまいコストを圧迫するのですが、ヒンジでつなぐことで一体になっており金型1面で生産が可能となっております。

また、仮に使用しているうちにヒンジが切れてしまったとしても、カチッと嵌るようになっておりますので、問題なくご使用いただけます。

ヒンジが切れてしまっても・・・。
嵌合することが可能
ヒンジ切れ状態でのセット嵌合部アップ

こちらの商品につきましては、アスカカンパニーの特許登録がされております。

錠剤・ピルケース(ライター型プラ容器)

二つめの商品はライター型プラ容器です。

こちらの商品は錠剤などを持ち運ぶ際に使い勝手のよい製品です。

ヒンジ部分はこのようになっています。

こちらも容器とフタが一体になっておりますので、中身を充填する際も効率的な組み立てが可能になります。

まとめ

今回ご紹介させていただきました商品は二種類ともに販売可能な自社製品となります。

どちらもヒンジの技術を利用した、商品となります。
ヒンジ技術はこのようにキャップ以外にも幅広い用途で使われる技術です。

ヒンジ部分は非常に薄肉になっており、設計に特徴があるためゲート位置の調整など複雑な技術が詰め込まれております。
しかし一体化することで、様々なメリットがあります。

今後も継続してヒンジに関する情報を発信させていただきます。

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG