ヒンジ部の設計検討について

アスカカンパニーではヒンジの形状(ヒンジキャップの開閉を行う部分)を開発する際に、ヒンジ部のみの試作型を起こしスナップ感などを事前検証する場合があります。
※すべての開発で行うわけではありません
流動性をPCで確認する研究も行っていますが、実際にできたものがどのような手触り、動きを持つものなのかを知るにはこういった試作を行う必要があります。

こちらの写真がヒンジ部だけの試作金型となります。

ヒンジ部のみの試作品で、成形性を確認するというよりは、機能面を確認する目的で製作いたします。
ヒンジ部のバタフライの形状やヒンジ間の距離など、様々なファクターが相互に影響し合いスナップ感や閉じるときの感触が大きく異なってきます。
※ヒンジキャップの形状や種類について詳しく知りたい方はこちら >> ヒンジキャップの種類!ヒンジ形状による違い

スナップ感などのヒンジの機能は直接的に、キャップの使用感にかかわるところになりますので、設計で十分に検討するだけではなく、ヒンジ部のみを設計して検証してより使いやすいキャップを研究開発しております。

ワンタッチでオープンするといった、アイデアでキャップの使用感を上げることも行われると同時に、開き方のスムーズさや手にあたる小さな感触などにも気を付けて、非常に繊細な設計と成形による使い勝手を改善しております。

このような開発技術を通じて、奇抜な形状や一発だけのアイデアではなく、確かな技術と経験によりお客様の使いやすさを重視した改善を続けております。
ヒンジキャップでお困りの方はぜひお気軽にお問合せ下さい。

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG