CATEGORY

開発

  • 2019年3月26日
  • 2019年10月11日

材料混錬開発サポート

アスカカンパニーでは、オリジナル樹脂の開発をサポートしております。 通常、廃棄物として捨ててしまうものを利用することで、リサイクルにも繋がります。    ▼コーヒー豆かすを利用した活用事例 ①コーヒー抽出残渣を除湿乾燥させます。 ②小型粉砕 […]

  • 2019年1月23日
  • 2019年10月11日

設計は顧客満足の源流です。

アスカでは、7つのステップをクリアした製品がお客様の元へ納品されます。 今回は、その中でも STEP1~STEP3の製品設計に関わる事例をご紹介させていただきます。   STEP1.アイディア検討 ▼ STEP2.成形品設計 ▼ STEP3 […]

  • 2018年5月8日
  • 2020年2月17日

ヒンジキャップ開発 ストラタシスでモデリング

アスカカンパニーではヒンジキャップ開発も得意分野です。バタフライヒンジや三点ヒンジなどのヒンジ構造で反転力やら蓋の開き角やらヒンジ破壊強度などの要望規格に対応するヒンジをの設計を行っています。蓋の気密性や嵌合力など、緻密で精密な設計から開発を得意とし […]

  • 2017年7月26日
  • 2017年7月25日

ヒンジ部の設計検討について

アスカカンパニーではヒンジの形状を開発する際に、ヒンジ部のみの試作型を起こしスナップ感などを事前検証する場合があります。 (※すべての開発で行うわけではありません) こちらの写真がヒンジ部だけの試作金型となります。 ヒンジ部のみの試作品で、成形性を確 […]

  • 2017年6月22日
  • 2020年1月23日

アスカカンパニーのヒンジキャップへの取り組み

ヒンジキャップについてご紹介させていただきます。 普段の生活の中でもとても身近でシャンプーや化粧品にもヒンジキャップはよくつかわれています。 当然ですが、ヒンジキャップは「閉じられた状態」で店頭に並んでいます。 「当たり前!」と思われると思いますが、 […]

  • 2017年6月15日
  • 2017年6月13日

小ロット対応②:小ロット製品と大ロット製品の開発プロセスの違い

アスカカンパニーの小ロット製品対応は開発プロセスから小ロットを見越して開発させていただきます。 単に開発プロセスを省略するのではなく機能評価や寸法評価などは当たり前ですがきちんと行い、対応させていただきます。 小ロットの事例について 小ロットの事例に […]

  • 2017年6月13日

アスカカンパニーの小ロット対応のモノづくりについて

展示会などでよくいただくお声としまして「うちはそんなに大ロットはありませんので・・・」というものがあります。 展示会では確かにお客様の目を引くために比較的皆様が目にしたことのある製品を展示しておりますので、アスカ=大ロットの会社というイメージを持たれ […]

>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG