CATEGORY

評価

  • 2018年4月18日
  • 2020年2月25日

測定のばらつきは冶具作成で解決!

アスカカンパニーでは、新規開発製品のキャップの開閉栓トルクやなどを測定するために、自動トルクメーターを使用しています。   以前使用していた機械式トルクメーターから、自動(デジタル)に変更することによって、人による測定結果のばらつきは、かな […]

  • 2018年4月17日
  • 2020年2月28日

恒温管理室での製品評価

昨年12月に竣工したKY House内には、恒温管理室がつくられており、 日々、ここで開発品の製品評価が行われています。   恒温管理室とは! 天候、季節など外部の気温の変化に影響されないように室温が23℃になるように管理された部屋のことで […]

  • 2018年3月5日
  • 2018年3月5日

測定治具はアイデアのかたまり。

品質管理では測定はつきもの、測定では正確である事、測定ばらつきがない事、早く測定できる事などが求められます。測定では測定治具が重要なのはご承知の通りです。最近では3Dプリンターが治具製作にとても役立っています。治具を考え、アイデアを練るわけですが、い […]

  • 2017年11月7日
  • 2020年2月19日

射出成形とパラレルリンクロボット

射出成形とパラレルリンクロボットの活用事例は展示会などで見ることが出来ますが、射出成形の特徴から生産の工程では金型で整列している製品を、取り出しロボットが確実に整列状態の製品をハンドリングが可能なため、後工程で起きうる製品の不揃い状態が発生しなければ […]

  • 2017年7月7日
  • 2019年12月9日

マンガで解かるカメラ検査サポートシステム制作中

「画像処理検査を導入してみませんか?」 アスカカンパニーでは市販カメラのコグネックス社製のものを導入して、自社で画像処理検査ラインの運用を独自で行っています。 もともとインモールド成形ラインの導入時にカメラ検査のシステムを外製でお願いし、その成形ライ […]

  • 2017年1月19日
  • 2017年1月14日

ハイサイクル射出成形4.4SEC

アスカカンパニーの得意技の一つにハイサイクル成形があります。展示会などで2秒台とかの成形サイクルを見ることが出来ますが、安定生産がとても難しそうな様子です。アスカではおおよそ4秒での実生産を行っています。開発のスタートに生産サイクル目標値の設定を行い […]

  • 2016年12月21日
  • 2017年11月15日

画像処理検査 表示解析システム

アスカカンパニーは振り返れば 「データーサイエンス」 で邁進しています。 IoTや日本版インダストリー4.0やビックデーター解析という言葉があふれている昨今ですが、やってました!って感じです。創業者の信念は「源流で管理する。」という言葉です。 画像処 […]

  • 2016年11月9日
  • 2016年11月1日

無軌道式クレーンはクリーン度に寄与

アスカカンパニーの工場環境をバイオロジカルクリーンルームと表現をしていますが、こんなところにも配慮。無軌道式クレーンは走行時の発塵を抑えることが出来ます。2階からの工場が見える通路窓からはクレーンが間近に見えます。これはクレーンの美しい状態が見えるよ […]

>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG