プラスチック

スパウト製品にヒンジキャップ超細口ノズルが追加【出量調節が可能】

  1. HOME >
  2. プラスチック >

スパウト製品にヒンジキャップ超細口ノズルが追加【出量調節が可能】

スパウト用ヒンジキャップの仲間が出来ました

弊社では以前よりスパウトパウチ用のヒンジキャップを提供しております。

ヒンジキャップは片手で容易に開閉作業が出来るもので、利便性もよいこともあり弊社でもおススメしております。

ヒンジキャップはチューブやボトルなどにセットされることが多く、スパウトパウチ製品にはまだ少ないイメージがあります。
ただ、パウチ容器は通常のボトルやチューブと違って柔らかいものですので、本体部分を握りしめてしまうことがあります。
その際、内容物が粘土の低い水などでは、出量(流量)の調節ができずに中身が零れ出てしまう傾向がありました。
そこで弊社は『ヒンジキャップ超細口ノズル』を作成しました。

『超』細口ノズルのヒンジキャップ

今回ご紹介するヒンジキャップ超細口ノズルは、姿はASヒンジキャップそのままにその内側の部分の径(画像ではノズル部分の内側に小さく空いた穴部分)を細く絞っています。

ノズル内側を絞ることにより、パウチをひっくり返してもぽたぽたと零れる程度の出量に制限することが出来るようになりました。
※画像はただの水に対して、滴下状態になる程度に出量が制限されています。
使用した穴径はφ0.6mmのものです。
滴下状態

これはうっかりパウチを握り締めた時でも同じことで、大量に中身があふれ出るということも防いでくれます。
また、パウチ内の内容物が少なくなってくるとパウチ自体が自立できずに倒れることがありますが、その際にも零れを防止することができます。

穴径はφ1.0mmとφ0.6mmで提供

【ASヒンジキャップ超細口ノズル】は内容物の粘度によって選択できるように、φ1.0mm・φ0.6mmの2種類の径をご用意しております。
形状は弊社のスパウト用ヒンジキャップと同じ形状となっています。
内容物によってパッケージのイメージを変えることなく通常のヒンジキャップと超細口ノズルの両方を利用できます。
※現在φ0.6mmは試作品になります。

 

ご興味がある方にはサンプル送付も賜っております。
是非ご検討ください。

製品カタログは下の製品ページより取得下さい。
[afTag id=8080]

[afTag id=8958]

-プラスチック
-, , ,

© 2021 アスカカンパニー株式会社