設計は顧客満足の源流です。

アスカカンパニーの【製品設計】とは

アスカカンパニーでは、7つのステップをクリアした製品がお客様の元へ納品されます。
今回は、その中でも STEP1~STEP3の製品設計に関わる事例をご紹介させていただきます。

 

STEP1. アイディア検討

STEP2. 成形品設計

STEP3. 流動解析/応力解析・モデル検証

STEP4. 金型製作

STEP5. 評価 検収

STEP6. 量産試作

STEP7. 量産

 

STEP1.アイディア検討

ご要望をカタチにしてご提案します。
お客様がイメージされているものをラフスケッチから具体化していきます。

 

STEP2.成形品設計

成形性や量産性を考慮し、製品形状を設計していきます。
3DCADを用いることで、嵌合・干渉チェックや精度の高い容量計算が可能です。

 

また3Dデータより、CGを作成することで、より具体的なイメージをもつことができます。

 

STEP3.流動解析/応力解析・モデル検証

設計段階の検証では、流動解析や応力解析などのCAEと呼ばれるツールを活用しています。

>>流動解析

モールドフローを使用して解析を行います。
製品単体での不具合の予見と多数個取りの金型の不具合の予見が行えます。
製品単体としては、主に反りやウェルドライン、ヒケなどの予測を行うことや、
多数個取りの金型では ランナーバランスや金型の冷却品質などを確認することができます。

         

 

>>応力解析

形状や肉厚による強度変化を解析します。

          

 

>>モデル検証

弊社で3Dプリンタを保有しておりますので、用途に応じて造形方法を使い分けています。
その他、切削モデル(PP・ABS・アクリルなど)や光造形モデル、アルミ簡易金型等でも対応しております。

3Dプリンタでの成形  ストラテシス

 

製品設計の段階から生産性の高い形状のご提案をさせていただきます!

 

個人情報の取扱いに関する同意事項(必ずお読みください)
弊社が個人情報を取得するにあたり、下記の事項を明記します。

A.事業者の名称
名称:アスカカンパニー株式会社
個人情報保護管理者:弊社 営業本部  個人情報お問い合わせ窓口
連絡先:〒679-0222 兵庫県加東市高岡276番地の34
電話:0795-48-3399

 

B.個人情報の利用目的
弊社へのお問合せについてのご回答・ご連絡のため。
弊社が取り扱っている商品またはサービス(新商品を含む)に関する営業活動上のご案内。
商品発送やサービス実施、およびアフターサービスのため

 

C.個人情報を第三者に提供する場合

当社は、以下の場合を除いて、個人データを第三者へ提供することはしません。
①法令に基づく場合
②人の生命・身体・財産を保護するために必要で、本人から同意を得ることが難しい場合
③公衆衛生の向上・児童の健全な育成のために必要で、本人から同意を得ることが難しい場合
④国の機関や地方公共団体、その委託者などによる法令事務の遂行にあたって協力する必要があり、かつ本人の同意を得ることで事務遂行に影響が生じる可能性がある場合

 

D.個人情報の取扱いの委託を行う場合
弊社は、業務の一部を外部に委託することがございます。
この場合、十分な個人情報の保護の水準を満たしている委託先を選定し、個人情報の保護に関する委託契約を締結します。

 

E.弊社は、開示対象個人情報について、利用目的の開示、訂正、追加又は削除、利用の停止又は第三者への提供の停止を求められた場合、これに応じます。
その場合の問合せ窓口は、上記個人情報保護管理者になります。

 

F.個人情報の提供の任意性
個人情報の提供は任意となりますが、ご提供いただけない場合、その個人情報の利用目的に係る業務をご提供することはできません。

 

G.クッキー(Cookie)の使用について

Cookieとは、ウェブサーバによって利用者のコンピューター端末に保存される小さなデータファイルです。
Cookieの利用をご希望されない場合は、ご自身でブラウザの設定を変更することで、Cookieの使用を拒否することができます。

詳しくは、お使いのブラウザにあるヘルプ機能をご覧ください。

当社ウェブサイトでは、以下の目的でクッキー(Cookie)を利用しています。

①当社ウェブサイトのトラフィックを分析するため。
②お問合せやカタログダウンロードを行う際、毎回の情報入力を省略するため。


最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG