環境

100%プレコンシューマー材のヒンジキャップを2023年度中に商品化! vol2

  1. HOME >
  2. 環境 >

100%プレコンシューマー材のヒンジキャップを2023年度中に商品化! vol2

社内の廃プラリサイクルをシステム的に

前回のおさらい

2022/9/28のブログ
プレコンシューマ材のライフサイクル
アスカカンパニーが考えるマテリアルリサイクル

日本でのマテリアルリサイクル 「マテリアルリサイクル」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか? 日本で上手く循環している身近な事例では、PETボトルや牛乳パック、食品用トレイ、アルミ缶、ビンなどが ...

続きを見る

2023/4/26のブログ
リサイクル原料と通常原料による成形品の差
100%プレコンシューマー材のヒンジキャップを2023年度中に商品化!

加工ロスを廃棄しない取り組み アスカカンパニーの5種類の環境テーマ『社内加工ロスのアップサイクル推進』のマテリアルリサイクルの話です! 今までのおさらい 2022/9/28のブログにて、100%プレコ ...

続きを見る

の続編になります。

製品化に向けての課題解決

2023年4月26日のブログでは、現行の成形品に比べてプレコンシューマ材を使用した成形品は多少機能が劣っていることがわかりました。
プレコンシューマー材は日々の生産の中で生じる副産物のようなもので、アスカカンパニーでは多種多様な成形品を生産しているため、原料の銘柄・使用量などが多岐にわたります。
そのため、プレコンシューマー材の銘柄にこだわって『1銘柄の原料だけを集める』なんて事は容易ではありません。
しかし、スナップ感・上蓋を閉めた際のパッチン感が劣るなど品質を犠牲にして良いのか・・・悩みに悩み・・・

『やはりヒンジキャップは嵌合が命!』

そこにこだわらないとやっぱりダメだという考えに行き着きました。
そこで、ある程度使えそうな原料の銘柄をチョイスし、物性値や回収できる量などを確認。
プレコンシューマ材の原料としてのバラツキを抑えることとし、機能性確保のために『プレコンシューマー材専用の金型部品を新たに作成する』ことで問題解決しました。
それにより通常品と同等レベルの外観・機能を実現しました。

販売にむけての取組み

ペレット原料(左)とプレコンシューマ粉砕原料(右)

プレコンシューマ材の元原料の確保の仕組み

まずは必要なプレコンシューマ材となるプラスチック原料の確保からです。
成形品を生産するためにはある程度の『量』が必要となります。
基本的には生産時に発生する生産ロス(検査用、端数品など)は生産数に対してわずかなもので、また安定した生産のために通常品と同じ原料の銘柄・グレードだけを集めたいところですが、その場合かなり時間がかかります。
そのため弊社で蓄積したノウハウにより、当該製品に利用可能な物性値を持った複数の樹脂を選択しそれらを合わせて利用する形をとり、原料の『量』の確保を行いました。

製造工程内の廃プラ再利用の仕組み

プラスチック原料が確保できれば、それらを粉砕して原料化する流れが必要になります。
誰がどこでどういう風に廃棄製品を粉砕するのか、リペレット化、プレコンシューマ材の保管など、量産する為にはまだまだ仕組みの検討が必要です。
今回のテスト生産では、成形現場の協力を得て今回の必要な粉砕原料を確保しました。

成形性の確認

プレコンシューマー材(粉砕片)100%で連続生産を実施しました。
プレコンシューマー材(粉砕片)のみで成形しているので(通常は粉砕材はもっと少ない割合で使用します)、不具合が発生する懸念もありましたが、約3日間の連続稼働を行ってトラブルなく生産終了したと連絡があり、ホッとしました。

 

テスト販売

こうやって完成した100%プレコンシューマー材のヒンジキャップですが、機能面の上蓋と本体の嵌合、パッチン感を検査したところ、ほぼ現行品と同等レベルとなっています。
2023年度中の商品化に向けて数量限定ではありますが、キャップとパウチと梱包ケースのset販売を行います。
キャップのみでも構いませんので、本ブログ記事の『プレコンシューマ材100%で成形したヒンジキャップ』にご興味を持って頂けましたら、是非ブログ記事の下部のお問い合わせよりご連絡ください。

キャップ

AS16ヒンジキャップ(φ8) ネジ式 黒
樹脂:PP(プレコンシューマー材100%)
口径/ノズル:φ8
色調:黒

スパウトパウチ

AS16スパウト付パウチ
口径:AS16スパウト
パウチ部材質:PET120/LLDPE100
巾×長:巾100mm×長さ140mm GZ32mm
容量:150ml(ポストイン便対応ケースで使用する場合)

ポストイン対応箱

AS16BOX1
内寸:230mm×150mm×H27mm
材質:C5×C5 E/F
運送中のトラブルによる保証しない

 

実物を展示会で見るチャンス!

最新の本開発品につきましては、2つの展示会にて展示予定です。

展示会名 国際フロンティア産業メッセ2023(公式サイト)
会期 2023年9月7日・8日(10:00~17:00)
会場 神戸国際展示場 1・2号館 (〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6-11-1)
入場料無料
※成長産業育成コンソーシアム内で展示
展示会名 バイオプラスチック取組企業ポスター展示・商談会
会期 2023年9月8日(12:30~17:00)
会場 シティプラザ大阪 2階「旬南」(〒540-0029 大阪府大阪市中央区本町橋2-31)

※ご興味がございましたら、アスカカンパニーのセールスまでご連絡お願い致します。


writer:きまく

-環境
-, , ,