機器・システム

金型交換におけるタイムマネジメントアプリの開発 -その3 時間計測-

  1. HOME >
  2. 機器・システム >

金型交換におけるタイムマネジメントアプリの開発 -その3 時間計測-

前回に引き続きPDCAのサイクルを回していくと・・・

前回のブログにて、金型交換のタイムマネジメント(=時間管理)は、
・時間ではなく行動を意識して業務効率を向上させる
・行動を意識するためには、PDCAサイクルを回した時間管理を行うことが必要
とお話しさせていただきました。

金型交換におけるタイムマネジメントアプリの開発 -その2 開発途中ですが少しだけ公開-

 

プランに対して実行していく

今回は、PDCAの「Do」についてご紹介します。
「Plan」で立案された計画をもとに、金型交換の時間計測を行います。
アスカカンパニーでは、ipadで時間計測を行います。
各フェーズごと(金型取外し作業、取付け作業、原料設備の準備・設置等)の作業スタート時にスタートボタンを押し、終了時にストップボタンを押します。

進捗状況がグラフで表示される。

・・・作業はたったこれだけです。

技量の判断・協力し合う土台になる

金型交換は、人の技量とチームワーク、そして計画性をもって取り組む工程ですので、チーム全体で計画時間に金型交換を終わらせることを目標とします。
そのため、各フェーズごとに、計画した時間を過ぎると(近づいてきたら)、協力要請をする機能もあります。
また、金型交換の進行状況は、社内ネットワーク内であれば、離れた場所・拠点からも閲覧可能なので、長時間の会議の合間に進行状況を確認し、指示をだすこともできます。

型替えアプリは社内ネットワークで確認できる

見える化による実績評価に活用可能

時間計測した結果データは、個人実績にも反映されます。
金型交換技術の数値化は難しいですが、時間計測データや検査合格率などを見える化することができるため、個人技能の評価としても使用することができます。

金型交換アプリは、業務全体の生産性向上に寄与するだけでなく、社員のモチベーションアップにも繋がります。

次回は、PDCAの改善サイクルをまわす最大のポイント、Check / Actionの部分をご紹介します。

-機器・システム
-, , ,

© 2021 アスカカンパニー株式会社