寸法測定治具(ジグ)ノウハウ

寸法測定は治具が大切

製造業の品質保証としては、異物やショートもさることがながら、安定した寸法も要望されています。
特に寸法測定はノギスと人間の手で測るものから機械を使ったもの、画像処理を使って細かく測定が出来るものなど、様々な方法を用いて検査をしています。
様々な手段によって行われる検査は、増えることはあっても減ることはありませんね。

ビックデータと騒がれているホットなキーワードがありますが、測定もまさにビックデータです。
測定精度と測定工数というのが常に問われるこの技術。
QC活動を軸に会社運営を行っているアスカカンパニーでは、みんなが数値管理にこだわっています。
安定した数値を出すにはどうしたらよいか。
人や機械を変えたときのばらつきの発生を抑えるにはどうしたらよいか。
作業を簡単にしたり、測定工数をへらしつつも、測定数値が変わらない方法は。
さまざまなことを盛り込みつつ正しい数値管理の手段を考えていると、やはり測定のキーは治具(ジグ)だということにたどり着きます。
治具(ジグ)のアイデアが、精度もよくなりつつ工数を減らす手段の重要なキーになります。

こんなアイデアもアスカカンパニーはお客様へ提供します。
弊社の測定治具開発者には叱られますが、下の写真のような治具を使ってアスカでは測定の運用を行っています。
難しい形状をした治具に見えますが、ステージへの配置や固定の安定性、外すときの容易性など使いやすさも考慮するとこのような形状になりました。
3Dプリンタを活用して、今まで培ったノウハウと作業者の作業の簡便さを詰め込んだ治具です。

これまで培ったノウハウを基礎に測定から治具開発までのご相談を承り、お見積りまでさせていただきます。
現在お客様がお持ちの測定装置向けでの治具開発をいたします。

寒波がやってきていますが、健康管理は生活の基本!風邪などひかれませんように。

img_9260

 

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG