プラスチック

海洋生分解性バイオマスプラスチック開発プラットフォーム参画のその後1

  1. HOME >
  2. プラスチック >

海洋生分解性バイオマスプラスチック開発プラットフォーム参画のその後1

MBBPとアスカカンパニーの現状は?

昨年11月に海洋生分解性バイオマスプラスチック(以下MBBP)開発プラットフォームに参画しました!とHPにUP(HPリンク)させて頂いてから3か月が経ちました。

前回の記事
MBBP開発プラットホーム
海洋生分解性プラスチック開発プラットフォームへ参画

海洋生分解性バイオマスプラスチック 開発プラットフォームへ参画 MBBPプラットフォーム代表幹事の大阪大学大学院工学研究科の宇山 浩教授からお声がけいただき、 ...

続きを見る

その後どうなっているのか?とご興味を持って下さっている方がいらっしゃることを願い、現状を少しご紹介させて頂きます。

 

 

 

MBBP開発プラットフォームの現在

MBBP開発プラットフォームには色んな企業、機関が参画されています。
アスカカンパニーと同じような成形加工メーカーだけでなく、着色メーカー、容器メーカー、商社、研究機関など現在は31機関にまでなっています。(2021/2/19現在)
こちらで確認できます。

リンク> MBBP開発プラットフォーム 参画機関

素敵なロゴもできています(MBBPサイトよりお借りしました!)。

Marine-Biodegradable Biomass Plastics

 

アスカカンパニーの取り組みの概要

そのMBBP開発プラットフォームの中でアスカカンパニーは何をしているのか?について。
アスカカンパニーでは、MBBPで取り扱うデンプンマスターバッチ(SMS社製 TAPIOPLAST TPS)を汎用樹脂であるPPに混錬するとどのような特性となるのか、試作評価してみよう!ということに取り組んでいます。

え?生分解性じゃないの?MBBP開発プラットフォームの主旨と異なるのでは?
と思わる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし現在、アスカカンパニーのお客様のニーズとして多いのが「できれば早く環境に配慮した原料に切り替えたいが、現状の製品機能を満足できて、現在の金型を使えるものがいい。」なのです。

そこにお応えするために、MBBPで取り扱うデンプンマスターバッチ(SMS社製 TAPIOPLAST TPS)を汎用樹脂であるPPに混錬するとどのような特性となるのか、試作評価してみよう!となったというわけです。

 

まずはアスカカンパニーのお客様にご紹介できるものを目指して、開発に取り組んで参ります。

 

次回は実際のPP×デンプンマスターバッチ(SMS社製 TAPIOPLAST TPS)の試作についてご紹介したいと思います。

次の記事
SMS社製 TAPIOPLAST TPSデンプンマスターバッチ
海洋生分解性バイオマスプラスチック開発プラットフォーム参画のその後2

PP(ポリプロピレン)とデンプンマスターバッチを混錬する 前回は海洋生分解性バイオマスプラスチック(以下MBBP)開発プラットフォームの活動として、アスカカンパ ...

続きを見る

 


-プラスチック
-, , , ,