感覚の数値化

 

今回は、弊社の測定機器についてご紹介させていただきます。

 

 

測定機器を使用することによって、感覚的になりがちな評価を数値化することができます。

 

 

→ 素早い動きの制御と細やかな測定が可能です。

今月号のMARKET NEWSでもご紹介させていただいたヒンジキャップの嵌合強度を測定するだけでなく、ペンノックや改ざん防止キャップのタンパー部 引きちぎり強度の測定にも使用しています。

 

測定事例

90°剥離強度測定試験

 → 

 

 

 

→人の動作を二軸の動きで再現し、力の変化を図ります。

こちらは、受託測定限定となっております。

 

測定事例

人による振出方法を繰り返し再現しております。

 →  → 

→  → 

 

Z-Gauge、XZ-Gaugeともに、事前に測定プログラムを作成・登録しているので、測定結果も自動で登録されます。

さらに測定結果をグラフ化することで視覚的にも見やすくなっています。

 

 

ほかにも、での破壊試験も行っております。

こちらは、衝撃破壊エネルギーの数値化を行います。

詳しくは、こちら

 

 

測定時には、自動トルクメーター等も合わせて使用しておりますので、人によるばらつきも生まれません。

感覚だけでは伝わらないことを数値化し、人によるばらつきをなくしませんか。

 

 

ご興味がございます方は、下記アンケートにご回答いただけますと幸いです。


最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG