クリーンルームでのプラスチック成形工場がウリ!

アスカカンパニー株式会社の大きな売りの一つがクリーンルームでの生産です。

今ではそれなりに手に入る粉塵測定を行う機器「パーティクルカウンター」。
古くはクリーン度を測定するパーティクルカウンターそのもののコストが非常に高額で、多くの機器を保持するのが難しい時代がありました。
弊社創立当時の1970年代では、私どものお客様からのニーズは粉塵の少なさを示した「クリーン度」ではなく「細菌管理」が要求品質でした。
工場内の浮遊菌を月に3回決まった測定位置を数カ所定めその場所の細菌を検査する方法で要求品質に対応していました。
今でもこの方法は継続し続け、浮遊菌の定点計測の全てのデータを解析して状態管理を行う礎にもなっています。

また製品の細菌検査対象というものも存在します。
大腸菌やカビそして一般細菌の測定です。
塵があれば塵に付着する菌がある!という理屈をお客様から教えて頂き、パーティクルカウンターでのクリーン度管理も当たり前のように行うようになりました。
また、清浄度管理している工場で生産したプラスチック製品をさらに滅菌処理することも行っています。

このような時代の流れと共に様々なノウハウを作り上げてバイオロジカルクリーンルームでの生産工程は誕生しました。
アスカカンパニーの誇りともいえるバイオロジカルクリーンルーム工場のご見学はご希望があればご連絡ください。

%e3%81%82%e3%81%a1%e3%81%8d

 

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG