外観検査の自動化(カメラ検査設定作成体験セミナー)

カメラ検査設定作成体験セミナーは、お客様だけでなく社内研修としても行っております。
お客様に向けてのセミナーと同様に、カメラ検査の仕組みから設定作成方法までを勉強しています。

オペレーターは、毎日カメラの結果データ(良品・不良品判定)を見て、朝礼・昼礼で解析と情報共有を行っています。
しかし、”カメラの検査設定の作成や調整”は、一部の人にしかできません。
そのため、社内研修でカメラの基礎知識から勉強し、検査設定の作成までを体験してもらいます。
そうすることで、カメラ検査に対する理解を深めることとなり、自己のスキルとして昇華させるきっかけとなります。

研修内容について

社内研修では、「基礎理論編」と「実習編」の二部構成となっております。
(※お客様向けセミナーでは、会社紹介・工場見学、基礎理論編、実習編 の三部構成です。)

基礎理論編
カメラ検査に必要な、カメラ・レンズ・照明・ワークについての
最低限の基礎知識について習得していただきます。
テキストは、イラスト付きで分かりやすく説明されていますので、
初心者の方でも難しくありません。
実習編
実際にパソコンを使って自分たちで検査設定をつくります。
少人数での実習ですので、ついていけなくなることもありません。
作成した検査設定は、シミュレーター(簡易画像検査機)にて
検証を行います。

社内研修を受けたの社員の感想

社員の感想

設備・金型担当:Aさん(40代・男性)
非常に分かりやすい説明でした。設定の作成に失敗した時のフォローも的確だったので大変良かったです。


製造課:Bさん(20代・男性)
カメラ検査の基礎が学べて良かった。
自分たち製造課でも設定を行えるようになりたいと思った。

社内教育の一環として開催することで、社員の知識向上だけでなく、セミナー内容のアップデートにもつなげています。

カメラ検査設定作成体験セミナーの詳細はこちら

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG