マーケティング

花王らくらくスイッチを使ってみた Part1 出会い

  1. HOME >
  2. プラスチック >
  3. マーケティング >

花王らくらくスイッチを使ってみた Part1 出会い

パウチを吊り下げて使用できる画期的なアイテム

花王らくらくスイッチ ロハコ限定販売で買ってみました。
花王らくらくスイッチはパウチパックをそのまま利用した詰め替えフリー・使い切りのしやすいアイテムです。
詳しいことはリンク先でご確認ください。
https://lohaco.jp/event/kao-smartholder/

 

実際に使用してみた

パッケージには詰め替え容器の出口に取り付けるスイッチと容器を吊り下げるS字フックが一緒に入っています。
吊り下げるフックの取り付け方が微妙に理屈が分らず、悩みましたがちゃんと取り付けることが出来ました。
なかなかの技がこの容器には詰まっている感じです。またこのスイッチはシャンプーボディーソープなど中身の種類によって専用化され4種類がラインナップされています。使ってみて気が付けば、ノズルから微妙に鼻たれが見られるようになりました。これは私の責任!もともとボディーウオッシュ用のスイッチですのでシャンプーに使うとダメに決まってます。それでもこの程度のはなたれでとても優秀。
もう一つ我が家には吊り下げ式の別売の定量を押し出すことができる市販品があります。
こちらは鼻たれしません。

ポンプのはなたれ比較

左側:花王らくらくスイッチ / 右側:詰め替えそのまま

 

らくらくスイッチと詰め替えそのまま

色々試してみたところ

こんなことをして色々試していると花王らくらくスイッチをアスカカンパニーのAS16㎜内径の汎用スパウトに取り付けると面白い!と思った!
でも勿論取りつけられない。
残念ながらネジの仕様が違っているのです。
でもらくらくスイッチが色々なもので使えれば面白い!と真剣に思ってしまった。
らくらくスイッチとAS16とを取り付けることが出来る『アダプター』なるものを設計部隊のほうで開発をお願いしてみることにしました。

ということで、次回はアダプターの設計にトライしてみます!こうご期待!

 

次の記事
AS16スパウトポンプ用アダプター設計
花王らくらくスイッチを使ってみた Part2 アダプター設計

らくらくスイッチとアスカカンパニーのAS16スパウトの出会い 前回『花王らくらくスイッチを使ってみた Part1 出会い』の続きになります。   口径 ...

続きを見る

-マーケティング
-

© 2021 アスカカンパニー株式会社