マーケットニュース

φ10口径スパウト開発のご紹介(ASKA MARKET NEWS 2022年10月号 第332号)

  1. HOME >
  2. マーケットニュース >

φ10口径スパウト開発のご紹介(ASKA MARKET NEWS 2022年10月号 第332号)

アスカカンパニーでは個性の有る機能的な製品を設計、開発しております。
以前のマーケットニュースでは、弊社の規格品であるパウチに使用されるスパウトや、スパウトに装着するスクリューキャップやヒンジキャップの開発についてご紹介しました。
今回はその続報をお伝えしていきます。

アスカカンパニーのスパウト関連製品

φ10口径スパウト

現在アスカカンパニーでは、φ10口径スパウトを開発しております。
このスパウトの開発背景は、昨今のEC販売(通販やネットショップ)の普及です。
EC販売の普及により、弊社ではお客様から、「EC販売を視野に入れた、ヒンジキャップ式のスパウトパウチは無いか?」というご要望を数多くいただきます。
今回のφ10口径スパウトはそう言った声にお応えするために開発致しました。

AS10スパウトと対応するAS10キャップ、AS10ヒンジキャプ

EC販売での商品の配送には、宅配便よりもコストの安いポストインサービスが好まれますが、従来のφ16口径スパウトではヒンジキャップを装着した場合、ポストインサービスの一つである、ヤマト運輸株式会社の「ネコポス」サービスの規格寸法(厚さ2.5cm未満)に収めることが難しいという問題がありました。
新開発のφ10口径スパウトは、厚みが約19mm と、このサービスに対応可能です。
もちろんヒンジキャップもラインナップされますので、上述のようなご要望にお応えすることができます。
ヒンジキャップの口径はφ3をはじめとして、今後はφ5、φ1もラインナップ予定です。

AS10スパウトパウチの箱セット状態

 

φ10口径スパウト用のヒンジキャップは、日本の市場にまだ存在しておりません。
弊社ではより多くのお客様にこの存在を知ってもらおうと、ブログ記事やYouTube上に動画を載せて情報を発信しております。サンプル品もございますので、ご興味のある方は お気軽にお問い合わせください。

 

今回は、新しいスパウトラインナップとして、「ネコポス」サービスに対応可能なスパウトをご紹介しました。
今回ご紹介したφ10口径スパウト以外にも、弊社で市場調査を行い、開発を進めている製品はございます。
今後の、新たなASスパウトシリーズ開発の続報をお楽しみにお待ちください。
アスカカンパニーは射出成形メーカーとして、今後も個性の有るユーザーフレンドリーな製品開発を進めてまいります。

 

 


writer:いなむら

-マーケットニュース
-, ,