多彩な表現を醸し出すコールド箔を使ってのプラスチック成形(ASKA MARKET NEWS 2020年10月号 第305号)

今回はコールド箔のご紹介

いつもマーケットニュースをご覧いただきありがとうございます。
弊社では日々最新技術のサーチに努めており、今回はコールド箔のご紹介をさせていただきます。

コールド箔とは?

・従来の箔押し(ホットスタンプ)とは異なり、熱を加えずに箔を定着させるので、フィルムなどの熱に 弱い素材にも箔 表現をすることができます。
・コールド箔は印刷版で作ることができ、ホットスタンプのような金型代は不要です。
・箔の上にカラー印刷をすることができる新しい表現技術で、箔部分がメタリックに輝き高級感のある印刷が実現でき ます。
・ホットスタンプでは実現できなかったグラデーションや細い線など微細な表現できます。

印刷工程は?

コールド箔の印刷方法の説明。被着体にノリを付着し、コールド箔を糊に圧着・転圧する。印刷を行い、UVランプで照射して定着させるという価値で作成します。

コールド箔のメリットは?

・箔版は印刷版を使用できるため、細かい表現ができます。
・箔の上にカラー印刷することができるため、多色のメタリック表現が可能です。

アスカカンパニーではどんなものに使えるの?

アイスクリームの蓋のインモールドラベルに使えます。
弊社の製品AS-70カップ用蓋CCI https://askacompany.co.jp/plastic-molding/case-study/
で試作をしてみました。

包装の主な役割は、内容物の保護「まもる」、取り扱いの利便性「つかいやすい」、情報の提供「つたえる」があります。 今回は「つたえる」の部分をフォーカスしました。

ご協力: 福島印刷工業株式会社 http://net-fp.co.jp/coldfoil_emboss/


実際に使用した製品は弊社のオリジナル製品[AS-70カップ用蓋CCI] です。
コールド箔を使用した薄肉成形品
最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG