キユーピーマヨネーズに倒立タイプの容器があった!

おなじみの品物も容器が変化していた

キューピーマヨネーズ倒立タイプ

おそらくみんな大好きマヨネーズ(一部の方は好きすぎて何にでもかけてしまうかもしれませんが)。
そんなキユーピーマヨネーズに倒立タイプ(キャップ部分が大きく立てることが出来る)の容器があることを発見しました。
安定よく倒立させるために容器側もしっかりした作りで、キャップの方はヒンジキャップになっています。
そのヒンジキャップも上蓋が大きくしっかりと倒れにくいように出来ており、色々と工夫されています。
ヒンジキャップは蓋をすると上蓋が土台側を包み込むような形状で、上から降りてくる圧力で漏れにくいように考えられており、なおかつ土台からヒンジのところにかけてのラインも独特で形は格好良いです。

DSC_0803
マヨネーズの出口も通常のマヨネーズとは違い、細口の穴が3つあるので、お好み焼の時にシャ―――――ッ!と流すようにかけると絶対きれいだと思います。
ちなみに、通常のマヨネーズと、倒立タイプのマヨネーズの出方を比べてみました。

DSC_0806
見た感じで判るかと思いますが、上の方が通常のマヨネーズ、下の3本線が綺麗に並んでいるのが倒立タイプになります。
細くきれいな線が描けますので、お好み焼で是非やってみたいと思います。
ただ、あまり売ってないようで、私は新宿歌舞伎町のセブンイレブンで見つけましたが、そこ以外では見たことがありません。
もし見かけることがあれば絶対買いだと思います。

マヨネーズキャップ
最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG