【事例紹介】キッタロウはアルミキャップも切断可能です

今回は、プラスチック切断機キッタロウでプラスチック以外のものを切断した事例を紹介します。
「キッタロウでアイスを切断」でお見せしましたが、キッタロウはプラスチックの切断用途以外にも使用可能です。

プラスチック射出成型を行っているアスカカンパニーでは、プラスチック製のキャップに対してネジの高さや奥まった部分の内径など『目に見えない部分』を測定する際に、成形品を切断することがあります。
プラスチックの成形品をカットするために生まれてきたキッタロウですが、アルミキャップを切断してみたところ、問題なくカットが可能でした。

実際に切断してみた写真がこちらです。

アルミキャップが真っすぐ切断できていることが分かります。
ネジ内径などの外からは見えない部分がきちんと確認できています。
てこの原理により力を一気にかけることによりカット対象の歪みが発生しにくく、切断面もきれいに揃っているため測定が容易にできます。

カッター刃を使用しているキッタロウは、金属は不得意としていますが、アルミぐらいの柔らかさで薄肉であれば切断が可能です。
他に何がカットできるだろうか、自分たちの製品はどうだろうか、などご興味のあるかたはご連絡ください。
レンタル機やデモカットを実施することも可能ですので、お気軽にお申し付けください。

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG