【事例紹介】キッタロウで中身入りのアイスを切断してみました

キッタロウでいろいろ切ってみよう

キッタロウはもともとは安全にプラスチックを切断する用途で開発されましたが切断できるものはプラスチックだけではありません。
カッターの刃を使用しているため、カッターの刃を活用できる場所はキッタロウの能力が発揮できる可能性があります。

様々な所でキッタロウが活躍していますが、実際にプラスチック製品以外を切断する目的で導入された事例もありました。

今回は、プラスチック以外でのカット事例を紹介したいと思います。

アイスを切断してみました

プラスチック製品は様々なものに使用されています。
アイスカップやフタなどもプラスチックである場合があり、今回はそのつながりもあってアイスクリームをカットするという依頼を頂きました。
ということで、アイスをがっつり切断してみました。

もちろん柔らかいアイスだけを切断するのは、普通のカッターでも可能です。
キッタロウは、フタと機密シールが付いたままの中身の入ったカップごと切断ができます。

実際の切断の様子

このように真っすぐ切断することができ、きれいに断面を見ることが出来ます。

バニラなどの混ざっているものがないものでは、カットして見たい部分が特にないと思いますが、この事例のようにチョコチップやフルーツなどが混錬されている場合、きちんと混ざっているか偏りがないかなどの分散度合いをチェックすることが出来ます。
このカット事例では大きな偏りなく混錬されていることが分かりました。
アイスクリームだけでなく、似たような製品であれば活用が出来ると思います。

さまざまな用途で活用できるキッタロウにご興味がありましたらお気軽にお問合せ下さい。
デモ機によるカットテストや、レンタルなどもご用意しております。

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG