SEARCH

「カメラ検査」の検索結果41件

  • 2020年3月30日

外観検査の自動化(カメラ検査設定作成体験セミナー)

カメラ検査設定作成体験セミナーは、お客様だけでなく社内研修としても行っております。 お客様に向けてのセミナーと同様に、カメラ検査の仕組みから設定作成方法までを勉強しています。 オペレーターは、毎日カメラの結果データ(良品・不良品判定)を見て、朝礼・昼 […]

  • 2020年2月14日
  • 2020年3月2日

人を変えるIoTの使い方とは

簡単なIoTの活用で管理体制の変化や人の行動を変化させることができます! モノをインターネットにつなぐ IoT。モノのインターネットの略ということもあり、機器がインターネットにつながって情報のやり取りが出来る状態を指します。 IoTの活用が叫ばれる昨 […]

  • 2020年2月14日
  • 2020年2月27日

【初心者向け】中小企業でも運用できる画像検査とは

弊社には画像検査導入後、4年間ノークレームを達成している製品があります。 ~作業員による目視検査の限界を感じていませんか??~ 人手不足や顧客からの高品質要求への対応、不良品ゼロへの取り組みといった点から画像検査の必要性が高まっています。 本コラムで […]

  • 2020年1月22日
  • 2020年2月13日

【IoT・AI活用セミナー】射出成形のIoT・AI活用事例を工場見学を通して体験

IoT・AI活用講座を開催しました。 お客様は1社様(最大人数4名様)限定の個別セミナーとなっております。 まずは、パワーポイントで弊社のIoT活用に関するこれまでの歩みと事例のご紹介です。   アスカカンパニーのIoTとは センサーから得 […]

  • 2020年1月1日
  • 2020年2月13日

アスカカンパニーの企業理念と教育について(ASKA MARKET NEWS 2020年1月号 第296号)

ASKA MARKET NEWS 2020年1月号のダウンロ ードはこちらをクリック MK活動(QC活動) アスカカンパニー株式会社の企業理念は、「人々が成長し、社会に貢献できる場の提供」でございます。この企業理念を実践している一つのかたちとして、改 […]

  • 2019年11月15日
  • 2020年2月4日

外観検査の自動化をしませんか?

カメラ検査を自社で内製化する仕組みづくり 近年、製造業では、顧客ニーズや市場の変化により、品質検査の自動化が求められています。 品質検査の自動化は、人による目視検査に限界があるものや人件費の削減など、仕事の効率化に繋がります。 では、実際に、カメラ検 […]

  • 2019年10月1日
  • 2020年3月11日

アスカカンパニーのIoTの取り組みについて(ASKA MARKET NEWS 2019年10月号 第293号)

アスカカンパニーのIoTについて ASKA MARKET NEWS 2019年10月号のダウンロ ードはこちらをクリック アスカカンパニーではIoTの定義づけを行っています。 IoTをASKAでは「センサーから得られるデータを共有し、時系列で生産プロ […]

  • 2019年9月26日
  • 2020年2月10日

本日のカメラスクール

今日は本社工場でのカメラスクールを開催。 お客様は3名様で開講です。スタートは弊社工場での外観検査の自動化活用事例の見学を行っていただきました。講習でのゴールは複数の不良項目の設定を重ね合わせて、不良品を取り除くプラグラムを作りこんでいただきます。講 […]

  • 2019年9月18日
  • 2020年2月13日

【セミナー情報】外観検査カメラの導入方法と、データを用いた品質向上と生産最適化の構築手法

弊社アスカカンパニーと、グループ会社であるアスカコネクトが講師として登壇させていただきます。 セミナー内容 画像検査カメラを自社で運用できる知識・能力を身につけ、また、カメラから得られるデータをIoTで活用することで、品質と生産性を向上させたプラスチ […]

  • 2019年9月5日
  • 2020年3月12日

日刊工業新聞でセミナー実施させていただきました。

2019年8月30日に日刊工業新聞社さん主催の技術セミナー「カメラ検査システムの導入方法と画像情報を使った品質保証・生産最適化の構築手法」のテーマでアスカコネクトの林からの座学の部とアスカカンパニーのカメラ検査設定のハンズオンを10:00から17:0 […]

>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG