3Dプリンター導入(アスカ東北工場)

アスカ東北工場に3Dプリンターを導入しましたので簡単にご紹介です。
機種はFDM方式(熱溶解積層方式)になりますが、特徴とすると通常の機能として樹脂の3Dプリント機能の他に、1台で3Dスキャナ、レーザー刻印(ヘッド交換必要)が可能になるマルチタイプです。

 

機種のコンセプトが誰もが手軽に購入でき、誰でも簡単に扱える操作性を特長とした3Dプリンターとして販売されておりますので、非常に安価に購入できる機種になります。

使用用途としては、Z‐Guage(一軸強度試験機)の測定時に使用する測定治具の製作、またはキッタロウ(プラ・ゴム切断機)の切断サンプル固定治具など社内外含めて活用の場面は広がりそうです。

高くて性能の良い機種は世の中に沢山有りますが、このように複合機能を備えたコストパフォーマンスの良い機種もどんどんリリースされて行く時代ですので、このような機種を使いこなし物作りに役立てたいと思います。

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG