カメラ検査サポートシステム ~アスカでの活用方法をもとに~

【画像処理カメラ検査を行う】をステップに分けてご紹介

STEP1. カメラ検査について学ぶ

カメラ検査の流れとしては、成形機から製品がとりだされ、コンベア上を流れたきたところをカメラで撮影し、良品と不良品の判定を行い、不良品であればエアーで排出する、といった流れです。

 

      

 

画像処理カメラは検査設定に従って同じ部分を同じように検査し、OK,NGの判定をだすことが出来ます。

カメラ検査を導入したくても、『カメラ検査の仕組みや検査方法の作成の仕方が分からない』『カメラ検査を導入したけど使いこなせていない』といったお悩みはありませんか?

そんな方には、弊社カメラスクールをご提案します。

初級コース、中級コースと、カメラの知識がある方、能力別にコースが分かれていますので、カメラの知識がない方でも問題なく受講して頂けます。

詳細ページ

画像処理検査カメラを自分達で運用から管理までを可能にする

[カメラ検査設定作成体験セミナー]

 

STEP2. カメラ検査シミュレータで検証

こちらは実際のカメラ検査ラインの中で『カメラ検査に必要な部分のみ』をコンパクトにまとめたものです。
アスカカメラ検査シュミレータを活用すると、実際に画像処理カメラをラインに設置する前に設定が正しい状態であるか、検査設定に不足がないか等のテストを行うことが出来ます。

 

 

元々カメラ検査で使用する機械ですので、分解して実際のラインに組み付けたり、2次工程のポカヨケや最終確認用途など様々な使用方法があります。
カメラスクールにおいて使用する実際のカメラ機器はこのシミュレータとなります。

詳細ページ

カメラ検査をテストするならコレ!

[アスカ画像検査検査シミュレーター]

STEP3. MyCiS

カメラは導入済みだけど、OK,NGの判定を行って不良品を排出しているだけ。
そんな方には、MyCiS(My Cammera information system)がおススメです。

カメラの検査情報を教えてくれるという名前のWebソフトウェア。
不良数などのデータを集計して見える化して生産状態がどのようになっているのか確認できます。
また、保存された不良画像をワンクリックで呼び出しが可能。
製品毎にカメラデータを集計し、複数ラインのデータを表示してくれますので、これ一つで成形場全体のラインが管理できます。

詳細ページ

画像検査の『見える化&共有』で品質・生産性を向上!

 [ 画像検査統計表示システム【MyCiS 】]

 

まずは、弊社カメラ検査導入工場に来ていただくことで、実際の使用イメージを掴んでいただくことも可能ですので、是非一度お越しください。

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG