日本機械学会論文集への論文掲載のお知らせ

本日公開の日本機械学会論文集に弊社社長 長沼の論文が掲載されました。

弊社アスカカンパニーは、工場内にある成形機のデータを抽出する仕組みを自主的に制作しています。
これらの型締力、射出圧力、シリンダー温度などの様々な成形機のデータはネットワークを介してサーバにデータ集積されていき、ネットワークにアクセスできるものはリアルタイムでデータの内容が確認できるような仕組みとなっています。
それらのデータを収集し蓄積する主な目的としては、製品ではなく成形機側で起こる異常をいちはやく検知し、成形機の不調といった予知保全や、大量の不良の生産を起こさせないといった品質保証に役立てることにあります。

今回の論文では、実際の生産時に発生した故障データを使用し、自動稼働と半自動稼働という2つの運転モードにおける混同行列とその閾値により具体的な異常検知を行うための手法を検討しました。

論文については、下記リンクよりご覧いただけます。
>>日本機械学会論文集 射出成形機型締装置の異常検知

論文の技術を活用して生まれた機器

業界初の成型機の状態を見える化&解析

[成形機型締力による異常検知システム【MyCFM】]

 

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG