ひょうご次世代産業高度化プロジェクト 中小企業IOT・AI・ロボット導入支援事業

2019年3月13日(水)、IoT・AI・ロボット導入補助金事業 成果報告会が、クリスタルホール(神戸クリスタルタワー3階)にて開催されました。

アスカカンパニーは公益財団法人 新産業創造研究機構(NIRO)からロボット導入支援として【ひょうご次世代産業高度化プロジェクト 2018年度 中小企業IoT・AI・ロボット導入補助金】の採択企業に選出されており、川崎重工社の「人と協働ロボット(Duaro₋Ⅱ)」導入を進めておりました。
社内では専用プロジェクトを立ち上げ【化粧品向けキャップの協働型ロボットによる整列作業の実現】を目指してきました。

 

この取り組みは、作業者がライン外で行っていた整列作業に対して、双腕ロボット(Duaro₋Ⅱ)をヒンジキャップの生産ライン上に設置することでラインの中で生産と同時に整列作業を完結させる考えで行われました。
ライン外での2次工程をなくすことだけでなく、一時的に取り置きしている製品のキズや変形に対しての対策手段としても有効でした。

今回取り組まれた会社様が20社あり各社様々な展示をされていました。

上の小型ロボットは接客代行ロボット。他に総務課や採用課への問い合わせに対し、AIが自動対応するような取り組みもありました。

※別資料「IOT・AI・ロボット活用事例集」参照
AI・ロボット導入活用事例集NIRO2019.3.13

成果報告会は、緊張感のある会場で頼田さんが15分の報告を行い、NIRO様からはロボット導入の事例として分かりやすく、中小企業の導入ハードルを下げる事例として良かったとお褒め頂き、神戸新聞にも掲載頂きました。

まだまだですが「プラスチック産業の生産性向上への貢献」です。

 

これからロボット導入を検討されている企業様、システムインテグレーター、ロボット商社、経産局や県関係者など、様々な方が将来を見据えて情報収集に来られていたという印象でした。

開場は大変な盛況ぶりで、これから益々注目されてくる分野です。

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG