プラスチック成形生産管理ソフトを自社開発中です。

アスカカンパニーはキャリア採用の方を含めIT技術者がいくつかの組織に分かれて多くの方が在籍しています。中でも、全社をまたぐRDB(リレーショナルデーターベース)は自社開発でAISと呼称されています。ISO9000・14000・22000についてもAISの内部で構築されています。マップ機能を強化して、外部監査にも強くしたり、ユーザー側がもっと使い勝手がいいようにと常に進化してくれています。常に変化できるのは内製の強みだと思う事が多々あります。RDBでは過去にロータスノーツを活用し、高いパフォーマンスを発揮してくれていました。さてタイトルにある生産管理システムですが、過去の歴史ではオフコンの時代があり、その次は外製のソフトを導入しましたが、性能・カスタマイズ性・コストなどの側面から限界を感じ、ただいま生産管理システムを開発しています。開発言語はPHP・HTML・JavaScriptなどだそうです。プラスチック業界向けにもいろいろなソフトが販売されていますが、やはりユーザーサイドで考えられたソフトは少なく、いいシステムとの出会いがありませんでした。結果、プラスチック成形メーカー用生産管理システムを開発しています。工程もマウスで丸ごと移動という動きは高額ソフトを使わず内製で対応したりと、強いソフトを開発しています。このソフトひょっとするとニーズがあるかもしれません。やっぱりユーザーが考えた生産管理ソフトはすごく強いでしょうね。只今開発真っただ中です。

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG