環境に配慮したプラスチック製品

これまでアスカカンパニーでは、
プラスチック使用量削減の取り組みとして、製品の薄肉化を図ることで、環境対応に取組んできました。
また2015年には、超薄肉成形の生産・品質管理技術で「ひょうごNo1ものづくり大賞」を受賞させていただいた実績もございます。

そして、この度、環境に配慮したプラスチック製品の試作をはじめました。
原料には、植物由来のプラスチックを使用し、カーボンニュートラルの考え方で、環境に配慮した製品づくりを進めております。

カーボンニュートラルとは?

プラスチックの焼却処理では二酸化炭素が発生しますが、
植物はその二酸化炭素を吸収して成長します。
その植物がバイオマスプラスチックとなることで、
二酸化炭素を循環させ抑制させるという考え方です。

使用樹脂について

樹脂には、バイオポリエチレンを使用します。
バイオポリエチレンの製造工程では、
サトウキビの糖を発酵させてバイオエタノールが作られ、
そこから取り出したエチレンからバイオポリエチレンが作られます。

 

バイオポリエチレンの特徴

※性能は、石油由来のポリエチレンとほぼ同等となっています。

アスカカンパニーでの取組み

植物由来のバイオポリエチレンを使用し、化粧品用ヒンジキャップ(2.05g)にて試作を行ったところ、
通常のプラスチックと変わらず成形できております。

※機能確認・品質確認はお客様の方でお願いしております。

環境に配慮したプラスチック製品の導入を検討されている方は、是非ご相談ください。

 

Aska
環境対応製品に関するご質問がございましたら、
下記フォームよりお問合せください。

 

 

お問い合わせは、こちらから


最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG