プラスチック

スパウトパウチにパッド印刷が可能になりました。

  1. HOME >
  2. プラスチック >

スパウトパウチにパッド印刷が可能になりました。

パウチ容器の小ロット印刷ができるパッド印刷の御紹介

これまで弊社では『スパウトパウチ容器』の小ロット印刷方式は『デジタル印刷』をお勧めしています。

フルカラーで表現できるデジタル印刷はグラビア印刷とは違い版が不要のため多品種少ロットに対応しやすいものです。

今回はさらに新しいパウチ容器への小ロット対応可能な印刷表現としてパッド印刷を御紹介いたします。パッド印刷はオフセット印刷の一種で、小さな文字、ロゴマークなどが表現しやすい印刷方法です。
凹版にのせたインクをゴムパッドに転写し、それを印刷対象に圧着する形で転写します。

パッド印刷サンプル

こちらも 固定の『版』が必要となりますが、グラビア印刷のように大量に刷り上げるものではなく、1,000部程度の小ロットに対応できるものとなっています。弱点はフルカラーでなく単色印刷となる事、また広範囲への印刷出来ません。でも1,000部程度のロットでも、オリジナルの印刷が可能なことは強みです。

パッド印刷の重ね押し

パッド印刷は重ねることが出来ます。
下の画像のように1回押したものと、2回押したものでは透け感や密度が違っており、2回押しでは手触りもしっかりした厚みを感じることが出来ます。
ズレるなどの心配はなくきれいに仕上がります。

パッド印刷サンプル2

対応範囲や使用用途について

今回ご紹介しているパッド印刷の印刷可能範囲は6cmまでの円形状まで可能です。
インク色は今回1色のみとなっております。
小ロット対応で、1000部より対応させて頂きます。
社名などのロゴを印刷する用途に向いています。また『パウチ容器に充填した後でも印刷が可能』という利点もあります。(印刷可能性は充填後の製品で印刷試作をして判断させていただきます。)
ご要望や質問がありましたら、下のフォームよりお問い合わせください。

[afTag id=8958]

-プラスチック
-,

© 2021 アスカカンパニー株式会社