プラスチック事業


アスカのプラスチック成形 

アスカカンパニーのプラスチック成形は、設計から知財管理までトータルでご提案いたします。

もちろん、品質は長年培ったノウハウをもとに評価技術を駆使し保証するとともに、整った生産体制/生産環境をもってより高い品質を提供いたします。
これらのアスカカンパニーの技術力は、弊社の経営方針に基づいた社内活動や取り組みによって支えられています。

 

設計・知財・開発力 

プラスチック製品の開発パフォーマンスはASKAの組織力と固有技術が源です。

設計が強い

取り組みの意識

QCD、品質・納期・コストにおいて、お客様のニーズにお応えするため「設計は顧客満足の源流」という強い意識で設計を行います。

設計は、個人が持つ固有技術に依存しがちになるため、組織力としての設計へとさらに上の領域へ押し上げています。
例えば、デザインレビュー(設計審査)のチェックポイントではなく、「設計検討会」という場を設けています。ここでは設計担当者だけではなく、モノ作りに関わるメンバーが参加し過去の事例やベンチマークになるターゲットの解析など、さまざまな角度で設計について議論や意見交換を行いその内容を設計へ反映します。
金型構造もシミュレーションの対象です。製品の流動解析はもちろん、お客様が見られることはないランナーも良い製品を作り出すための基礎になる部分です。製品設計にととどまらずランナーデザインにもこだわります。

アスカの対応範囲

プラスチック製品のデザインから製品に要求される機構・機能の開発及び形状設計を行います。<デザイン化>アイデアを含めた開発設計も行います。

設計には多くのアイデアや発明が組み込まれることがあります。したがって特許・意匠・実用新案など知的財産権と直接関わるために、知財調査との連携では調査の切り口や調査のタイミングなど絶妙なコンビネーションで連携します。

3Dプリンターの活用

目的に応じ様々なタイプの3Dプリンターを保有及び活用することで、多彩な事前確認の方法を駆使して製品化のステップで販売成功を確実化していきます。
3Dプリンターで出力された造形物は、試作やモデルという価値だけでなく、そのものが小ロット商品の位置づけで製品として販売に至る事例もあります。

 

知的財産と勝負する

スピード感と目指すところ

知的財産という壁には、特許・意匠調査から出願に至るまで社内を中心にスピード感をもって対応いたします。

「この設計が商品化されると、絶対権利侵害ではないといいきれますか?」

なかなか難しい質問です。知的財産の権利調査は大変難しく「絶対権利侵害に当たらない」というレベルを目指して調査します。

掲載情報

弊社の知的財産に関わる取り組みを評価いただき、経済産業省・特許庁が発行の「知的財産権活用企業事例集2011年・2014年版」に事例企業として紹介いただきました。

 

試作ステップだけでのご依頼が価値の証

評価・測定の受託

お客様から弊社が関わらない開発試作品の「製品評価・測定のご依頼」をいただくことがあります。お客様からの目線はアスカカンパニーが製品の評価・測定を委託する企業となっています。
また時には、お客様から金型を持ち込んで頂き試作だけのをご依頼いただくこともあります。
試作ステップだけのご依頼は弊社の持つ価値であると理解し試作ステップに磨きをかけます。

試作からのフィードバックによる開発

最適な金型構造をもつ製品設計により試作金型を製作します。
試作評価では最適なプラスチックグレードの選定や製品性能を測ります。
本生産で最適な製品を得るために、フィードバックを行い最終の設計へとつなげます。
最良な製品は印刷表現も試作で作りこみます。

 

高い評価技術が、開発力を支えます

数値化でコンセプトを明確に

要求品質を数値化することにこだわり、狙いを数値として明確にしています。
数値化するために評価方法を探索し導入いたします。
販売されていない機器は自社の技術でソフトウェアもハードウェアも開発し作り上げてしまいます。
開発した測定器はオリジナルの測定器として販売を行うレベルに仕上げ外販を実現しています。
今ではさまざまなフィールドで活用していただいています。

ベンチマークの設計

ベンチマークを設定し徹底して解析します。
狙いになる対象物の評価を行い、目標レベルを設定しています。

 

生産力 

画像処理検査カメラを含めた生産ライン上のセンシングデバイスの情報は専用のネットワークを用いてデータ収集、そして解析を行い製品品質向上へ活用しています。
私たちはデータ解析技術を磨き、FA体制の実現を目指しています。

(IoT -Internet of Things- 人が支える生産工場では良いものしか作りません。)

無人化生産工場を実現

それぞれの工場の特徴に沿って生産体制が目指すキーワードを「無人化」や「自動化」と設定。
既に夜間無人操業を実現している工場では更なる無人化を目指しています。
夜間無人工場では真っ暗な場内で監視機器が製品の出来栄えを監視します。

 

バイオロジカルクリーンルーム

工場内では粉塵の管理だけでなく浮遊菌やコンタミネーション管理を行い、異物対策を徹底しています。
1984年から培ってきたバイオロジカルクリーンルーム(粉塵・微生物汚染が管理された状態)による生産体制はさらに磨きがかかり、ハイレベルな管理を実現しています。
(FSSC22000/ISO22000認証取得)

 

多様な生産機械を保有

お客様の多様なニーズに応えるためにさまざまな機械を保有しています。

《保有機械一例》
射出成形機          75トン~350トンのサイズ、ハイサイクル機から精密成形機
インモールド成形システム   ハイサイクル対応インモールド成形システム
押出成形機          小ロットマスターバッチ製造用途
成形連動型包装機       四方シール連続包装機 専用アプリケターの提供も可能
逆ピロー包装機        スプーンなど小ロット対応の包装機
ドライオフセット印刷機    カップ側面用高速印刷機
パット印刷機
回転シルク印刷機
ホットスタンプ機

 

滅菌サービス

電子線滅菌など、滅菌についてもご要望の滅菌レベルに応じ対応しております。

 

品質 

品質は結果を物語ります。
クレームゼロへの執念はひた向きな技術研鑽の道を歩みます。

源流管理にこだわり続けます

私たちは悪い製品をみつけて排除するのではなく、源流を管理することにより
『いいものしか作らない状態を作り上げる』という思想で歩み続けてきました。
生産工場の温度や湿度から金型の保守並びに保管方法、金型冷却水の水質に至るまで、多種多様で細やかな源流管理を行っています。

 

全数管理への挑戦

どの製品においても、あってはならない致命不良が存在します。
そのような致命不良を防ぐために、アスカカンパニーでは画像処理検査カメラや、検査機によるトレーサビリティーと全数品質保証体制を保有しています。

画像処理検査の活用

画像処理検査カメラによる検査ラインは社内の技術で独自で構築しています。
市販の画像処理検査カメラの活用をベースに、オープンソースのOpenCVの画像認識ライブラリを利用した独自の画像処理方法を確立、生産ラインへ画像処理検査カメラの投入を積極的に行っています。
画像処理検査カメラによる全方位検査にこだわらず、検査結果による統計データを活用した品質管理も行っています。

また未だ画像処理検査導入を踏みとどまっている方のきっかけ作りとして、これらの画像処理カメラ導入技術を元にした画像処理検査導入スクールも開講しています。

画像検査統計表示システム CiS (Camera infomation system)

アスカカンパニーの画像処理検査カメララインでは
ただ不良品を排出するだけでなくデータを蓄積し、活用を行っています。
カメラ検査結果を集計し、生産ラインの良し悪しを『見える化』するCiSでは、誰でも不良の傾向を簡単に捉えることが出来ます。
行動科学を基にしたシステムは『人が考えて行動する状態』を自然と生み出し、人の強さによって品質レベルは上昇していくのです。

 

事例 

オリジナル商品

V100折り畳みスプーン

V字状にヒンジで連結されたコンパクトスプーンです。
ヒンジ部分を組み立てれば長さ100mmのスプーンになります。
個包装に対応。特許登録済。真似はご遠慮ください。

N100折り畳みスプーン

新ビオフェルミンS細粒で採用された伸びるスプーンです。
写真は試作金型となり現物の販売はいたしておりません。
お客様がご要望される設計を行い金型製作をいたします。
特許登録済。真似はご遠慮ください。

71プラカップ

PP樹脂の容器です。プリンやゼリーなどの容器として最適です。

3cc85計量スプーン

日東紅茶の粉末紅茶に採用されました。個包装に対応しています。
バイオロジカルクリーンルーム内での生産、細菌検査等の評価結果の提出まで対応可能です。
さらに電子線滅菌対応も可能です。

錠剤・ピルケース

キシリクリスタルで採用実績のあるプラスチックケースです。
ヒンジ式の蓋で、開閉操作も簡単です。気密性はありません。
蓋部分と容器はつながっているので充填セットにおいても効率的な組み立てが可能です。

 

70カップ用蓋CCI

グリコカロリーコントロールアイスなどで採用されている、プラスチック製の薄肉の蓋です。
ロットサイズによりインモールドラベル方式で印刷表現も可能です。

プラスチックの精密切削加工

アスカカンパニーの精密切削加工とは

形状・素材・量・質など色々なご要望背景からインジェクション成形が不向きな事象がございます。
そんな場面では様々なプラスチック素材を精密切削加工することでお応えいたします。
急速な進化発展を遂げている3Dプリンターなどの立体造形システムが存在し、弊社でも導入活用しています。
しかし3Dプリンターと精密切削の世界はまだまだ趣を異にしているのが現実です。

例えば、工場ライン用フッ素樹脂部品、数量1個
例えば、POM材による試作プロトタイプのための部品製作
例えば、数量拡大時に射出成形へ移行予定部品の製作
例えば、超精密加工部品をさまざまな素材で試してみたい

などプラスチックの精密切削加工の世界はますます広がります。

サンプル例

樹脂
PTFE(ポリテトラフルオロエチレン,polytetrafluoroethylene :フッ素樹脂)
PPS (ポリフェニレンスルファイド,Polyphenylenesulfide:ピーピーエス樹脂)
POM (ポリオキシメチレン,polyoxymethylene:ポリアセタール樹脂)
ナイロン6・66 (ポリアミド,polyamide:ナイロンは商品名)

製品設計について

お客様が開発された製品設計の精密切削加工に加え、射出成形で培った設計力から、設計から受託することも可能です。

 

流動解析

射出成形では樹脂の流れで色々な出来事が起こります。
ソリやヒケでは外観不良、ウェルドラインの位置により強度低下など、これらの問題点をあらかじめ予見することが出来れば、要求品質を満足させる製品開発スピードを大きく短縮することができます。

時間が短くなることはコストダウンにも貢献します。 モデリングは進化し、すがたカタチをリアルにすることは身近になりました。

射出成形において安定した品質・生産性を向上させるには製品設計や金型が重要な要素です。 もちろんノウハウや経験も大切ですが、設計・開発段階で樹脂流動解析ソフトを活用することにより、 予測される不具合を未然に防ぐための一つの手段となり、試作回数の削減や薄肉化の検討などにも活用できます。
アスカカンパニーでは樹脂流動解析ソフトとして オートデスク社のMoldFlow ADVISER (モールドフローアドバイザー)を導入しています。
【解析内容】

〇Dual-Domain解析(薄肉製品)
〇完全3D解析(厚肉製品)
●充填解析
・射出圧力
・エアートラップ
・ウェルドライン●ゲート位置解析
●モールディングウィンドウ(成形条件)解析
●ヒケ解析
●設計アドバイザー解析(製品形状評価)
●冷却品質解析
●ランナーバランス解析
●ランナーサイズ最適化解析
●冷却解析
●保圧解析
●反り解析

>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチックではライフサイエンス・食品・コスメタリー・文具・トイレタリー分野など、 機器・装置では生命科学での光刺激装置や半導体機器の検査装置分野など、プラスチックのものづくりで育んだ資源を活用しさまざまなフィールドでビジネスを展開しています。

CTR IMG