Z-gaugeの測定事例紹介【スミ株式会社様】

z-gaugeの測定事例紹介をさせて頂きます。

z-gaugeは一軸強度試験機で、XY方向の力の変化を経時的に測定します。
例えばペンのキャップの開閉強度や、ピール強度など冶具と組み合わせることで、汎用性がある測定器です。

特徴的なのは経時的に変化を捉えることが出来る点と、カスタマイズ対応でストロークのスピードや精度をニーズに合わせて設計する点です。

こちらの測定器は直接販売もしておりますが、受託測定としてのお仕事もさせて頂いております。

今回は、スミ株式会社様より受託させていただいております、シート成形品のフタ嵌合の測定について事例を紹介させていただきます。

測定しております、成形品はこのような形状です。

それぞれフタの閉じる力と開ける力がどの程度の数値になるのか客観的に評価をしております。

Zゲージは販売も行っておりますが、このように受託させて頂く事もございます。
様々な事例はございますが、このような開け閉めの力の測定については一軸で評価できるものになりますので、冶具を含めてご提案をさせて頂いております。

ご興味がございましたらZ-gaugeの機械見学も承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

>> 一軸強度試験機【Z-Gauge】(ジーゲージ)は製品ページで詳しく紹介しています。

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG