【3/13開催】IoT・AI・ロボット導入補助金事業成果報告会

アスカカンパニーが目指す人と機械の協働

ついに!! 人とロボットが協働した生産ラインができました!

まず、ロボット導入のメリットとしては、生産性の向上や作業の効率化、人手不足の解消等が挙げられます。
しかし、その半面、ロボットの導入には、ロボット本体だけでなく付帯設備やメンテナンスも必要なため、多くの費用が必要になります。
有難いことにそうしたお悩みを解決してくれるのが、補助金や助成金となります。

アスカカンパニーでは、ロボットによる製品の整列作業を実現させるために、補助金を申請して無事獲得できました。
そうして人とロボットが協働してキャップを並べる生産ラインの構築をすることができました。

並べるという作業は非常に単純な作業ですが、連続して人が行うにはかなりつらい作業です。
その部分をロボットが担い、自動的に整列梱包を行います。
人間が作業をし続けると疲れて失敗することもありますが、その点ロボットは正直に安定して同じ作業をやり続けてくれます。
ただ、箱を作って袋を設置して所定の位置に置くなどは、かなり複雑な作業になりますが人がやるには簡単で、ロボットにやってもらうのはティーチングや設備などに大幅な工夫と苦労が必要になります。
これらの人の良いところ、機械の良いところをうまく使った人と機械の協働はアスカカンパニーの目指すところでもあります。

 

そしてこの人と機械の協働作業を目指して取り組んだ結果をもって、この度、補助金を活用した成果事例発表会に参加させて頂くことになりました。

 

【発表会概要】PDFで表示

■日時: 2019年3月13日(水) 13時30分~17時 (受付13時~)
■場所: クリスタルホール(神戸クリスタルタワー3F)
■参 加 費 :無料
■参加申込み〆切:3/8(金)
※参加したいただけます方は、下記URLよりお申し込みをお願い致します。
https://www.niro.or.jp/information/20190130/8653/

 

皆様のご参加、お待ちしております。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形を主軸に、食品・医療分野や生活に即したものから計測機器・IoT・AIの活用まで、培った技術を様々な分野へ活用してよりよいものづくりを推進していきます。

CTR IMG