レーザー彫刻の活用事例

先日アスカ東北工場に導入した3Dプリンターですが、ヘッドを交換する事でプラスチックの積層造形以外にもレーザー彫刻が行えますので、そちらのご紹介です。

メーカー推奨のレーザー彫刻が可能な材質は「革、紙、布、木」となり残念ながらプラスチックは対象外となります。

まずは試験的に、紙、木、革製品にレーザー彫刻を実施。

まずは木材プレートに彫刻。 きれいに出来ました。

紙。 厚紙に彫刻、こちらも綺麗に彫刻可能。

次に革製品。 一番ハッキリ彫刻出来ております。

細かい彫刻の条件など有りますので、今後も試作を繰り返し綺麗な彫刻が行えるよう検討していきます。

能力的にこのサイズで1個20分程度製作に時間がかかるので、量産向きでは無いですが、今後は試作品の彫刻、お客様への印刷見本など活用の幅は広がりそうです。

>プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチック成形メーカー アスカカンパニー

プラスチックではライフサイエンス・食品・コスメタリー・文具・トイレタリー分野など、 機器・装置では生命科学での光刺激装置や半導体機器の検査装置分野など、プラスチックのものづくりで育んだ資源を活用しさまざまなフィールドでビジネスを展開しています。

CTR IMG