カメラ検査のネットワーク全体を監視するCiS カメラインフォメーションシステム。

画像処理によるカメラ検査をしていても、実際はOKとNG判定をしていればいいというライン運用していることが多くありませんか?弊社も導入当時はそういうカタチでしたが、画像処理のデータのまとめ方で分ることはとてもたくさんあります。今現在や過去の生産状況や状態を俯瞰してみることもデーターをまとめて見せることで可能となります。木を見て森を見ずという言葉のように、大きなトレンドを見ることも重要なことです。また、もっと核心に突っ込むと画像処理の結果として製品にどのようなことが起きているのか?過去や現在の保存された画像を確認することで様々なことが見え、要因解析から対策に結びつけれことが可能です。将来にはCiSが機械学習により生産ラインで起きる出来事を予知することも可能だと考えています。工場見学の際にはCiSのご紹介もさせて頂いています。

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。