理系向け3daysインターンシップを実施しました!

8月8日(水)~10日(金)の3日間、理系学部の学生さん向けのインターンシップを実施しました。

今回は、アスカで生産しているスプーンを元に「使いやすいスプーンを考えよう!」というテーマで行いました。

1日目の午前中は、簡単な会社説明・関西工場の見学と、アスカ設計担当から金型や成形に関する説明をしました。

皆さんとても熱心に説明を聞いてくださっていたのが印象的でした。

昼食は、3日間とも先輩社員と一緒に取っていただきました。

就活のことや仕事のこと、アスカのこと…などなどの疑問を気軽に質問して解消していただけたらと思い、若手先輩社員との交流会形式にしました。

1日目の午後から2日目の午前はディスカッションです。

前日の設計担当の話をもとに2チームに分かれ新製品のディスカッションをしていただきました。

写真は「今よりもっと使いやすいスプーンにするには?」と、両チームで活発に意見交換が行われている様子です。

2日目の午後~は、発表のための資料作成と3D CAD講習を行いました。

CAD未経験の学生さんがほとんどでしたが、どの学生さんもとても興味を持って3D CADを体験してくださっていた様子でした。

両チームが考えたスプーンを元に設計担当が図面を作成し、3日目の朝には3D プリンターでのモデルが完成しました。

一生懸命ディスカッションしたものなので、完成品を見て皆さんとても喜んでくださっていました。

最後には、各チームで考えた内容のプレゼン・設計担当からの講評がありました。

お客様が思わず手に取りたくなるようなデザイン重視のチーム、どんな人でも食べやすいユニバーサルデザイン重視のチームと、いずれのチームも個性が出ており完成度も高く、とても楽しくプレゼンを聞かせていただきました。

3日間というとても短い時間でしたが、設計から製品ができるまでを簡単に体験していただけたと思います。

3Dプリンターで実際に製品を作ることで、ひとつの製品を作り上げる達成感を感じていただけたのではないでしょうか?

今回のインターンシップが有意義なものになっていれば幸いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。