ASKA MARKET NEWS 2018年8月号をご紹介(第279号)

KY Houseのご紹介

ASKA MARKET NEWS 2018年8月号のダウンロードはこちらをクリック

昨年12月初旬、関西工場に「KYHouse」が竣工しました。
こちらの建物は、創業当時からの建物をリノベーション工事したものです。
こちらの建物には、営業と開発部隊が常駐しており、製品の開発や評価に特化した構造になっています。

KY House名前の由来

アスカカンパニー創業の精神を継承することを目的に、創業時の社名であった京都化成工業の名を引継ぎ、Kyotokasei Memorial Houseの略称として「KY House」という名称になっています。

コンセプト

自分たちの働きやすい職場づくり→継続的で持続的な整理・整頓・清潔(3S)機能及び仕組みを有する快適なオフィスにする。

所属部署

アスカカンパニーの開発部隊が常駐しています。

新しい組織・企業・人・製品との出会いを創造し受注活動を行っています

              ▼

設計チーム

新規製品受注の際には、設計チームが設計を進めて、製品化を行います!

              ▼

開発担当

新製品や仕様変更に関わる業務を受ける組織です。様々な測定技術で新製品の評価を行っています!

プレゼンルーム

お客様へプレゼンを行う際に使用します。60インチのモニターとカウンターを設け、お客様に向けて、様々なご提案をさせて頂きます。

恒温管理室

恒温管理室とは、天候、季節など外部の気温の変化に影響されないように、室温が23℃になるように管理された部屋のことです。

正確な測定を行うには室温・湿度はもちろん、測定器、製品の温度も一定に保つ必要があります。つまりこの管理室では、温度変化による影響を受けず、一定条件での試験ができる為、より精度の高い測定ができるようになります。

温度と湿度に関しては、データとして残しています。

※23℃の設定は、JIS K 7100(プラスチック−状態調節及び試験のための標準雰囲気)に基づいています。

省エネ対策

ワークスペースが広い為、可動パーティションを使用することで半分に仕切ることができます。

3Sに特化した構造

ワークスペースの棚には、吊り下げ式のものを採用しました。吊り下げ式にすることで、隅々まで掃除することができます。このように構造から直置きを禁止しています。

ライトアップ

夕方5時からは、ライトアップされ、昼間とは、また一味違う雰囲気を楽しめます。
夏場には、こちらのウッドデッキでバーベキューをする予定です!

ASKA MARKET NEWS 2018年8月号のダウンロードはこちらをクリック

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。