測定のばらつきは、冶具作成で解決!

アスカでは、新規開発製品のキャップの開閉栓トルクやなどを測定するために、自動トルクメーターを使用しています。

以前使用していた機械式トルクメーターから、自動(デジタル)に変更することによって、人による測定結果のばらつきは、かなり軽減されましたが、まだ結果にばらつきがみられる・・・

ということで!

3Dプリンタで冶具の作成を行うことに。

 

 

例えば、キャップのヒンジ切れ評価の場合、

 

機械と冶具がしっかりと固定されるため、そこにキャップをはめこみ、ボタンを押すだけで測定ができてしまいました。※測定プログラムは事前に登録しています。

冶具の作成で、人による測定誤差がなくなるだけでなく、測定スピードアップにもつながりました。

 

そのほか、加工工程や組み立て工程、検査工程でも3Dプリンタでの冶具を使用することで生産性向上につながります。

 

3Dプリンタのメリットとしては、極小ロットに対応していますので、型を使用した成形では費用対効果がみられない!というものや、数個のみ製作したい!といったケースに適しています。

アスカでは自社で3Dプリンタを保有しておりますので、冶具設計~製作までさせていただけます!お困りの方は、一度、ご相談ください!

 

そのほか冶具製作例はこちら

 

恒温管理室での製品評価

昨年12月に竣工したKY House内には、恒温管理室がつくられており、 ここで、日々、開発品の製品評価を行っています。 ...

記事を読む

アスカがNHK「ニュースKOBE発」に出演致します!

先日、アスカカンパニーとグループ企業である株式会社トムスが、 NHKさんより取材を受けました。 【プラスチック成形できらりと光る...

記事を読む

ASKA COMPASS ROSEを制作

企業理念やカンパニーポリシーブック

記事を読む

2018年度入社式が行われました。

本日、2018年度の入社式を行いました。 今年度は本社工場6名、東北工場10名と、たくさんの新入社員が入社されました。 昨年度と...

記事を読む