プラスチック成形

開発力 | 設計

プラスチック製品の開発パフォーマンスはASKAの組織力と固有技術が源です。

設計が強い

取り組みの意識

QCD、品質・納期・コストにおいて、お客様のニーズにお応えするため「設計は顧客満足の源流」という強い意識で設計を行います。

設計は、個人が持つ固有技術に依存しがちになるため、組織力としての設計へとさらに上の領域へ押し上げています。
例えば、デザインレビュー(設計審査)のチェックポイントではなく、「設計検討会」という場を設けています。ここでは設計担当者だけではなく、モノ作りに関わるメンバーが参加し過去の事例やベンチマークになるターゲットの解析など、さまざまな角度で設計について議論や意見交換を行いその内容を設計へ反映します。
金型構造もシミュレーションの対象です。製品の流動解析はもちろん、お客様が見られることはないランナーも良い製品を作り出すための基礎になる部分です。製品設計にととどまらずランナーデザインにもこだわります。

  • 流動解析1
  • 流動解析2

アスカの対応範囲

プラスチック製品のデザインから製品に要求される機構・機能の開発及び形状設計を行います。

<デザイン化>アイデアを含めた開発設計も行います。

  • 開発設計1
  • 開発設計2

設計には多くのアイデアや発明が組み込まれることがあります。したがって特許・意匠・実用新案など知的財産権と直接関わるために、知財調査との連携では調査の切り口や調査のタイミングなど絶妙なコンビネーションで連携します。

アスカの知的財産詳細はこちら

3Dプリンターの活用

目的に応じ様々なタイプの3Dプリンターを保有及び活用することで、多彩な事前確認の方法を駆使して製品化のステップで販売成功を確実化していきます。
3Dプリンターで出力された造形物は、試作やモデルという価値だけでなく、そのものが小ロット商品の位置づけで製品として販売に至る事例もあります。

  • 開発設計3
  • 開発設計4

ページトップへ