機器システム

一軸強度試験機 Z-Gauge(ジーゲージ)

一軸強度試験機 Z-Gauge(ジーゲージ)

  • ・押し引きの力を、最大値はもちろん立ち上がりから評価終了まで「力」の経時変化を記録します。
  • ・移動位置、移動速度など設定する事で繰り返しの測定が可能です。
  • ・例えば100,000回繰り返し測定で、耐久試験としても評価が可能です。

Z-Gaugeは卓上で使用する、小型で軽量な一軸強度試験機です。
今まで上手く評価ができなかった「力」の数値化をZ-Gaugeは解決します。
高精度な位置決め精度、幅広い移動速度指定で研究開発時などの「力」を見える化いたします。

ZーGaugeは、アスカカンパニーが開発したプログラムを搭載しているため、用途によって当社にてプログラムをカスタマイズいたします。また、固定治具もオリジナルのものをご提案させていただきますので、誰でも簡単に操作できるような測定器を導入していただけます。また、素早い動きの制御と細かな測定が可能です。

  • 安定した評価

    人による測定誤差は生じません。使いやすいゲームパッドのボタン一つで測定が可能です。

  • 測定方法、固定治具の提案

    お客様の測定要望に合わせて測定方法から評価に必要な固定治具も合わせてご提案いたします。

  • 充実した解析ソフト

    荷重リミッター機能、タイマーセット、繰り返し設定など充実したソフトウェアです。

今お困りのこんなことが改善されます。

  • ・検査員がフォースゲージを使用して測定しているが人により測定値がばらつく。
  • ・繰り返しの加圧試験など検査員の測定工数がかかりすぎる。
  • ・現在の評価方法で、方法や測定値は間違ってないだろうか?

さまざまな測定評価に合わせて固定治具から測定方法までご提案させていただきます。

ピンポイントの結果を数値でとらえることが可能

例えばペン軸とキャップのアンダーカットを乗り越えて嵌合した際の「力」を最大値はもちろん、一つ手前の力の山を測定することができます。
最大値手間の応力がキャップを閉める際の官能に関わります。

簡単なプログラムと使いやすいインターフェイスで精度の高い測定が可能

測定プログラムの設定も簡単で、操作画面もユーザーフレンドリーとなっており、より精度の高い測定を可能としています。

Z-Gaugeの3大構成

  1. ①測定スピード/移動距離/移動制御については、メカシリンダーが中心に役割を担います。

  2. ②強度はデジタルフォースゲージで測定し、同時にオリジナルソフトウェアで解析を行います。

  3. ③個々の測定物に合った治具を設計し、測定ワークを固定・保持します。

お客様のご要望に応じた強度測定をご提案いたします。
既存の測定器では測定が難しい場合は、オリジナル測定器をご提案いたします。

測定方法のカスタマイズだけでなく治具もオリジナルで作成いたします。

  • 紙パック_開封強度
  • 90°剥離強度測定試験
  • ライター型容器、ヒンジ耐久試験
  • ペン金属クリップしなやかさ強度測定
測定プログラムや測定治具は簡単に作れるでしょうか?
測定対象物に合わせて測定方法を検討させていただき、必要があれば固定治具を御見積もりさせていただきます。
貸出機はどれくらいの期間貸してくれますか?
無償で最長1ヵ月お貸しすることが可能です。※貸出機の台数に制限がございますので短い場合もございます。
購入を検討しているが説明に来てくれますか?
北は宮城から、東京、大阪、兵庫に担当者がおりますので、お気軽にご相談からご連絡いただきたいと思います。
Z-Gaugeはパソコンで制御しているそうですが、通常のパソコンとしての使用は可能でしょうか?
パソコンをソフトウェアの制御に使用しておりますが、仕様としてはOSにWindowsを入れており、エクセルのみ初期設定でパソコンに入れさせていただきます。
基本、ソフト制御用のパソコンとお考えいただき、ご使用といたしましては測定データをまとめる際にエクセルを使用される程度にお考えいただきたいと思います。
Z-Gaugeを設置する場所の制限などありますか?
高精度に評価をされる場合、室温、湿度は一定に保てる環境下を推奨いたします。
ソフトウェアのバージョンアップなど必要になりますか?
メディア送付でお客様にてアップデートいただく方法、またはメールによるアップデートも可能となります。

想定される評価に合わせて、スタンダード機、高精度機ラインナップをご提案させていただきます。

  1. 測定お打ち合わせ

    測定対象物と測定箇所を弊社担当へご説明ください。

  2. 測定検討

    測定可否の判断を行います。

  3. 測定結果のご報告

    測定可能な場合は、測定データをご報告させていただき、測定に関する課題など合わせてご報告。

  4. 導入仮想の工数見積もり

    自動測定プログラム、必要に応じて測定治具案をご提案させていただきます。

  5. 実導入のシミュレーション①

    測定プログラム作成、簡易測定治具の製作を行い、貸出機でご利用いただけます。

  6. 実導入のシミュレーション②

    導入用測定治具の製作。

  7. 実導入ご検討

    自動測定プログラム、測定治具を組み込んだ貸出機でご利用いただきます。

  8. 導入検討

    導入について検討いただきたいと思います。

  9. ご発注

    通常、ご発注後約2か月にてご納品を予定いたします。

  10. 納品

    設置時に取扱い説明をいたします。

    • ※サポート体制:追加の測定対象物に対して測定プログラム、固定治具のご提案もいたします。
    • ※測定プログラム費用:御見積もりさせていただきますのでお気軽にお声掛けください。
  • ラミチューブのショルダー部剥離強度を測定

  • キャップの入り抜き繰り返し強度を測定

  • アイライナー容器とキャップのはまり合う感触を数値化

  • 改ざん防止やイタズラ防止付きキャップの引きちぎり強度を測定

  • スクイズ性の強度を測定

  • シャープペンシルのノック強度の繰り返し試験です。

  • プラスチック製フックの耐久強度を測定

  • 金属クリップ耐久試験と数値測定

  • 化粧品のコンパクトはめ合い強度を測定

ページトップへ