機器システム

画像処理検査導入スクール ASKAスクール

画像処理検査導入スクール ASKAスクール

カメラの画像処理による
品質検査の自動化を導入してみませんか?

概要

プラスチック製品に関わらず全数品質保証という時代の流れをうけ、生産ラインに画像処理の検査ラインを独自で導入してまいりました。
少しばかりのノウハウながら、自社努力での導入はそんなに高いハードルではないのではと感じています。

自動検査ラインも自分たちで導入できる時代です。
24時間操業の多いプラスチック業界を中心に異物検査や外観検査の自動化のきっかけ作りができればと思い、スクールという名の出会いの場を設け自動検査ラインの設置を身近に感じていただければ、日本の将来が輝いてみえるはずです。

内容は基礎編となりますので、プログラミング知識など特に必要としておりません。
お気軽にご参加いただけます。

また画像処理検査の導入スクールとは別に弊社工場をご見学をいただき、実際に画像処理の検査ラインが稼働している様子もご覧いただけます。

場所

遠方の方は近隣ホテルをご案内させていただきます。
弊社にて、送迎などのサポートもさせていただきます。

スケジュール

  • 座学 4時間程度
  • 演習 4時間程度
  • 導入事例工場見学1時間程度

近隣のお客さまには二日間に分けていただくことも可能です。

対象者・人数

プログラミングの経験知識は問いません。
初めて画像処理装置に接する方から、少しご存知な方までの初級編となります。
ご参加は1開催につき3名までとなります。

費用

1企業様1~3名様 一律9万円(消費税別)※1名様でも3名様でも同額です。
昼食がご必要な場合は弊社にてご用意いたします。(無料)

どこのメーカーの画像処理装置で演習されますか?
コストパフォーマンスもよく、弊社でも多用しているコグネックス社のものを使用いたします。
パソコンなど準備していくものはありますか?
筆記具だけで結構です。
自分たちの工場で作っているものを持ち込んで演習はできますか?
演習では、約φ35mm程度の製品を使うカリキュラムになっていますので、持ち込まれたものでの演習はできません。
自分たちの工場で作っているものが実際に画像処理で検査できるか?判定してもらえますか?
アドバイスをさせていただき、精度の高い導入方法については別途お話をさせていただきます。
一回のスクールで受講される人数は何名くらいですか?
出来るだけご理解いただきやすいように3名までとさせていただいています。
車での送迎とありましたが、どこまで来てもらえるのですか?
関西工場から約一時間移動圏内の伊丹空港や新神戸駅となります。(交通事情により変わります。)
東北工場は東北新幹線古川駅までお迎えにまいります。東北工場までは約15kmの距離で車で30分程度です。
画像処理の検査ライン導入までサポートしてもらえるのですか?
画像処理装置の仕組みをご理解いただき自社での導入の可能性を探っていただくことをスクールの目的にしていますので導入のサポートすることはしておりません。
試験はありますか?
座学で理解度を確認するために試験を行い、試験結果をお返しいたします。
申し込み前にあらかじめカリキュラムはもらえますか?
お問い合わせいただければ、メールにてお送りいたします。
支払いの方法は?
お申し込み時にご請求書を発行いたしますので、お振り込みください。お振り込み手数料はお手数ですがご負担ください。

ページトップへ