金型クリーニング

ホットランナー金型洗浄の仕組みと必要性

金型洗浄サービスで解決できること

ホットランナー金型からの練り込み異物などで、歩留まりが悪化したり検査工程での負担が増えるなどでお困りではないでしょうか。

弊社の金型クリーニングではホットハーフの手が届かない部分、通常のメンテナンスでは届かない部分までクリーニングを行います。

汎用プラスチックであるPS・PP・PEなどは炭素・水素を主体に構成されています。
これらの有機物をクリーニングオーブン内で摂氏500度近い温度を雰囲気温度として高熱処理を行うため、金型の隅々に付着した樹脂カスや油カスなどの有機物を、水と二酸化炭素に分解し除去します。
マニホールド洗浄の場合は、その後仕上げ処理を経て、ファイバースコープにて流路状況を確認して完了となります。

金型洗浄の必要性

金型・成形装置は使用して行く中で、表面に通常のメンテナンスでは除去できない樹脂が滞留し、金型・成形装置に傷をつける恐れや、滞留樹脂による、ガス腐食などで寿命が短くなってしまいます。長く良い状態で金型・成形装置を維持するにはクリーニングは必須です!!クリーニングは弊社グループ会社である金型製作メーカーの(株)トムスにて行います。

ページトップへ