金型クリーニング

弊社は射出成形の成形メーカーで、クリーンルーム内で医薬品関係・食品にかかわる容器・キャップ・部品の成形加工を行っております。
黒点異物の規格は年々厳しくなっており、通常のメンテナンスを行い続けても金型内部に残った残留物は除去はしきれないため、黒点異物の発生と流出対策に大変苦労をしました。

様々な対策の後、弊社のアメリカ現地法人から金型メンテナンスのノウハウを取り入れ、
クリーニングオーブンによる炭化異物の洗浄が開始されました。

金型は使用していく中で、表面に通常のメンテナンスでは除去できない樹脂が滞留していきます。
無理なメンテナンスでは金型・成形装置に傷をつける恐れがあります。
またメンテナンスしなければ滞留樹脂のガス腐食などで金型の寿命は短くなってしまいます。

クリーニングオーブンを使用したメンテナンスは傷をつけずに滞留樹脂の除去を行います。
弊社の金型洗浄サービスをご利用いただければ、金型深部の滞留樹脂も除去し、金型を良好な状態に保つことが出来ます。

金型洗浄サービス

汎用プラスチックであるPS・PP・PEなどは炭素・水素を主体に構成されています。
これらの有機物をクリーニングオーブン内で摂氏500度近い温度を雰囲気温度として高熱処理を行うため、金型の隅々に付着した樹脂カスや油カスなどの有機物を、水と二酸化炭素に分解し除去します。

マンガでわかる金型異物クリーニング   はこちらをクリック

砥粒流動研磨サービス

金型のご使用の状況によって、成形条件や使用される樹脂や着色剤や添加剤などによって流路内面の状態はさまざまです。
マニホールドの異物クリーニングを熱処理工程で行った後に流路内面を内視鏡を使って確認し、流路内面が荒れている場合は、マニホールドに砥粒(とりゅう)流動加工を行うことで、流路内面が滑らかになります。

金型クリーニング カタログダウンロード

ページトップへ