会社情報

ごあいさつ

社長近影
左:代表取締役社長 長沼 恒雄
右:代表取締役副社長 長沼 誠

アスカカンパニー株式会社は1968年の創業より、医療・分析・食品・コスメティック・トイレタリー・工業分野と多岐にわたりプラスチック製品の開発、製造、販売を行い、広く社会の皆様のお役に立てることを目指してまいりました。

アスカカンパニーの企業活動の目的の一つに「人が成長する場の提供」があります。その背景にある“従業員一人一人の成長、価値向上は会社の成長に結びつく”という信念に基づき、全社員が参加するQCサークル活動を、1978年のキックオフ以来欠かすことなく継続して行ってきました。この改善活動は我々の企業文化の中心でもあり、この活動を通して全社員が成長し続けています。

長きにわたり蓄積した弊社独自のものづくり技術より生まれた製品開発技術、計測技術、画像処理技術、金型保守技術、情報処理技術などを製品化、サービス化し、広く社会に新しい価値を提供する事で、「プラスチック産業の生産性向上」に微力ながら貢献させて頂きたいと願っています。

また、現代社会のグローバル化、オープン化、高速化の流れの中、ユーザー様を中心として、プラスチック業界にとどまらず異業種、研究機関様などからのご支援も頂きながら、新たな製品・サービスの創造をしてまいります。

今後とも、皆様のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

アスカカンパニー株式会社
代表取締役社長 長沼 恒雄

ページトップへ