Pocket

今年も、クリスマスが近づいてきました。

ASKA本社工場のエントランスには、こんな立派なクリスマスツリーが飾られています。

ツリー

写真だけでは大きさはわかりませんよね。

ではE-Studentを使用して大きさを測ってみることにしました。

 

クリスマスツリーに飾られているシルバーの玉の直径寸法を教えてもらい、これをE-Studentの「基準」と書かれている項目の箇所に直径寸法の数値を登録。

今回は、シルバーの玉の直径は6㎝だったので、「基準」のところは6.0と入力し、シルバーの玉をキャリブレーション設定。

写真画像を拡大すれば、この通りキャリブレーション設定できます。イメージは下の写真のような感じです。

ツリー玉キャリブレーション

 

 

こうすることで、キャリブレーションシートにのらないものでも、写真データから簡単に長さや面積を測定することができます。

ツリー測定

ということで、ASKA本社工場のエントランスに飾られているクリスマスツリーの高さは175㎝でした。

やっぱり、大きいですよね。

 

ところで、クリスマスケーキの飾りで、こんな葉っぱの飾りをよく目にしますよね。

クリスマスケーキイラストクリスマス装飾品

この間、本物を見たんです。

一般的にはクリスマスホーリーと呼ばれる植物で、正式名称はセイヨウヒイラギと言うそうです。

葉っぱがイメージ通りに、トゲトゲなっていたのには、思わず、これが本物か~ぁ~と、感動しました。

クリスマスホーリー葉拡大

このトゲトゲも、下にリンクしているウィキペディアで調べてみると、

「・・・若い枝や下の枝では葉の縁が数箇所鋭く尖るが、 古い枝や上の枝ではの数が少なく、葉先のみ尖る・・・」と

紹介されているように、すべてがトゲトゲの葉っぱではないようです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%83%92%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AE では、クリスマスホーリーの実と葉っぱの大きさを測定してみることにしました。

 

まず、こちらが若い枝になっていた実と葉っぱです。

クリスマスホーリー若い枝測定

実の大きさが1.0㎝、葉っぱの長さが3.5㎝でした。

こちらが古い枝になっていた実と葉っぱ です。やっぱり、古い枝の葉っぱは、葉の先端にしか、トゲがないですね。

クリスマスホーリー古い枝測定

実の大きさが0.8㎝、葉っぱの長さが4.9㎝でした。

Pocket